【心理学サロン】第7回『けんかを超えると親密感が待っている』

こんにちは。
みずがきひろみです。

オリンピックで熱戦が繰り広げられています。
最後の最後まであきらめずに戦う姿の美しさに感動の連続ですね。

8月はお休みをいただきました【みずがきひろみの心理学サロン】ですが、9月に再開します。

9月のテーマは、「けんか」。

「けんか」をしているとき、気分がいい人はいませんね?けんかに勝ったとしても、いい気分でいられるのはほんの短い間ですし、負けたときはずっと気分が悪いものです。「けんか」したいわけではないけれど、でも、「けんか」をしてしまう。その「けんか」をどう超えたらいいのでしょう?そんな「けんか」の心理学をお伝えします。

第7回【心理学サロン】『けんかを超えると親密感が待っている』
日時:2016年9月15日(木)13:30~15:30
場所:東京・渋谷アットビジネスセンター301号室
受講料:3,240円
ゲストカウンセラー:沼田みえ子野村香英松尾たか
*2歳未満のお子様はご同伴できます。
*講座終了後に自由参加のお茶会を予定しています。ご都合のつく方はそちらもどうぞご参加くださいませ。(実費別途負担)

私たちは、いろいろなことでけんかをします。

お互いを罵倒し合うようなHOTなけんかもあれば、

にっこり笑いながら何も言わずに相手を心の中でこっそりディスるような冷ややかなけんかもあります。

けんかしていることに気づかずにけんかをしていることさえあります。

でも、「けんか」をしているとき、気分がいい人はいませんね?

けんかに勝ったとしても、いい気分でいられるのはほんの短い間です。すぐに、

今度は負けるかも?

とか、

負けた相手に恨まれているかも?

とか、

世界中を敵にした気分で孤独感は半端ないです。

これでは、心はなかなか穏やかにはなりません。

では、負ければいいのかといえば、そうでもありません。

負けたときはみじめですし。

相手への怒りや恨みがコンコンと湧きだしたりもして。

そんな状況を作り出した神さまを恨んでみたり、

勝てなかった自分の不甲斐なさを叩きのめしてみたり。

まぁ、忙しいわけです。

勝っても負けてもいい気分にならない「けんか」。

「けんか」をしたいわけではないけれど、でも、「けんか」をしてしまう。

そんな「けんか」をどう超えたらいいのでしょう?

9月の【心理学サロン】では、「けんか」の心理学をお伝えします。

心の平和が欲しい方、

みんなと仲良くしたい方、

いつも幸せでいたい方、

ぜひ、聞きにいらして、ご自分の心でちょぴっと感じてみてください。

幸せに生きるヒントがここにあります。

No Love, No Life. 人生にもっとロマンスを!
みずがきひろみ

第7回【心理学サロン】『けんかを超えると親密感が待っている』
日時:2016年9月15日(木)13:30~15:30
場所:東京・渋谷アットビジネスセンター301号室
受講料:3,240円
ゲストカウンセラー:沼田みえ子野村香英松尾たか
*2歳未満のお子様はご同伴できます。
*講座終了後に自由参加のお茶会を予定しています。ご都合のつく方はそちらもどうぞご参加くださいませ。(実費別途負担)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみ みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる