【心理学サロン】昨日はいらしていただき、ありがとうございました。

こんにちは。
みずがきひろみです。

昨日は【みずがきひろみの心理学サロン】にいらしていただき、ありがとうございました。

『ハートを開く言葉たち』というテーマで、人がどういうコミュニケーションに「愛」を感じるか、というお話をさせていただきました。

人の心に響くのは、いつだって「愛」を感じたとき。

脅されたり、怖れを感じるときは、インパクトはあるけれど、緊張して固まってしまいます。

でも、「愛」を感じると、人は、緩み、自由になり、自らの意思をもって動き始めます。

あなたのちょっとした一言が、誰かの心に響き、誰かを自由にできるかもしれません。

そして、そのちょっとした一言の持つ影響力が、あなた自身を自由に、軽やかにしてくれます。

そんなココロの法則がわかると、

「ありがとう」
「ごめんなさい」
「お願い」
「愛している」

そんなシンプルな言葉たちを大切に使いたい、

そう思うのです。

受け取ることは与えること。
与えることは受け取ること。

「愛」が巡る、その真ん中に立つ勇気を持てますように。

6月は「期待」というちょっぴり面倒くさい感情から自由になるための考え方についてお話しましょう。

またお会いできますように。

皆さま、ありがとうございました。

lots of love,
みずがきひろみ

第5回【心理学サロン】『「期待」を手放すと可能性が広がる』
日時:2017年6月15日(木) 13:00~15:00
場所:渋谷区渋谷3-8-12 渋谷第一生命ビル5階
受講料:3,240円
* 2歳未満のお子様はご同伴できます。
* 講座終了後に自由参加のお茶会を予定しています。 ご都合がよろしければそちらもご参加くださいませ。(実費別途負担)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみ みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる