想定外なところから助けがやってくる。

こんにちは。
みずがきひろみです。

先日、よくお話をする投資銀行の方が、

「みずがきさん、見ましたか?とうとうジェットスーツがロンドンの百貨店で売り出されましたよ!5000万円だそうです。いかがですか?」

と笑いながら教えてくれました。

きっと、このことをおっしゃっているんですね。↓

本題は、もちろん、ジェットスーツの購入ではなくて、これから10年の技術の進歩と生活の変化。

私たちは、なんとなく自分の人生を思い描く時に、今のままがずーっと10年も20年も続くような感覚でいますけれど、実際には、そんなことはありません。

私たちのおばあちゃんたが子供の頃は、エスカレーターがこんなにあちこちにありませんでした。電話だって、一家に1台なかったんです。

息子がまだ小学校に上がったばかりの頃、私は、当時、まだ出回り始めたばかりの携帯電話を買って、会社から帰宅途中の電車の中で、自宅にいる息子に毎日電話をすることで、お留守番の寂しさをなだめていました。あの時、携帯電話がなかったら、きっとあの仕事を続けるのは無理だったな、と思います。

いよいよもって遠距離通勤が無理になったときも、「パソコンがあるから、出社するのは週に1回でいいよ。あとは、在宅勤務でいいよ」と上司に言ってもらって、働き続けることができました。

思い返せば、絶体絶命のピンチを、何度も、技術の進歩が可能にしてくれた生活環境の変化と、思いがけない人が味方をしてくれた、ことが救ってくれました。

いつの間にか、ラッキーだったことって、忘れちゃうんです。アンラッキーなことは、いつまででも、恨みがましく覚えているのに。

ハリウッド映画だってそうじゃないですか。絶体絶命のピンチに主人公が陥ると、どこか想定外なところから、助けの手が伸びてきます。開かないはずの扉が開いて脱出できたり、敵だと思っていた人が実は味方してくれていたり。

人生も、きっとそう。

「道がない」「うつテがない」と思うときは、自分の心の限界にぶち当たっているとき。

答えは、

想定外なところ、にあります。

つまり、切り抜けられるかどうか、助かるかどうか、は、

想定外を受け入れる心を持てるかどうか

なのです。

これから10年。

人も車も空を飛ぶ、SF映画の景色がリアルでも見られ、それが「当たり前」になるかもしれませんね。

と同時に、解決策も、今では思いつかないものが出てくるかもしれませんね。

そして、同じように、今あなたが、相容れないと感じている人が、あなたの無二の親友になることだってあり得ます。

どれだけ人を、状況を、自分を、既成概念から解きはなてるか。

どれだけ「思い込み」から自由になれるか。

どれだけ心をオープンにできるか。

想定外を受け取る、ってそういうこと。

私は、ジェットスーツはいらないけれど、想定外を受け取り続ける心のしなやかさが欲しい!って思ってしまいました。

love and abundance,
みずがきひろみ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみ みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる