【カウンセリング】2月のカウンセリングのご予約を開始しました

ACbbzhh%QQOqJhTwIJTP7Q

今朝、ブルーボトルコーヒーに飾られていた生花

今日から、ダーリンが出勤しました。我が家でも、「いつも」の毎日が始まりました。「いつも」は、日々、同じように過ごすことなのですが、「いつも」は「ずっと」ではないんですね。「ずっと」続きそうに思いがちですが、これから2年の間には、二人とも健康でいられたとしても、夫は定年を迎えますから、生活は変わらざるを得ません。「いつも」はずっとではないけれど、「いつも」、幸せの方を見ていたい、と思ったお正月休みでした。

こんにちは。
みずがきひろみです。 

2月のカウンセリングのご予約を開始しました。

1月末から2月前半にかけて、ハワイにいる師匠(平準司)の師匠(チャックとレンシー・スペザーノ)の元へ、無意識層のダイナミクスとヒーリングを学びに行きます。なので、2月前半は、お休みをいただきます。ご不便をおかけしますが、ご了承くださいませ。

まだ1月の東京の面談のお席がいくつかあいております。 

1月の面談の空き枠〈東京〉

1/8(水) 19:00
1/9(木) 13:00
1/10(金) 13:00
1/30(木) 16:00

2月の名古屋、大阪の面談枠は下記になります。

〈名古屋〉
2/13(木) 13:00 16:00

〈大阪〉
2/14(金) 16:00

2月の東京の面談のお席には、まだ余裕がございます。

ご縁を感じていただけましたら、カウンセリング予約センターまで、お問い合わせくださいませ。

〈カウンセリング予約センター〉

06-6190-5131

受付時間:12:00-20:30
月曜定休・その他休日はHPをご覧ください
cs_logo_b-thumb-305xauto-50
こちらのバナー↑↑↑をクリックするとカウンセリングサービスのHPにとびます!

私たちは、いろいろな気持ちに翻弄されますが、本当は、何を感じるのも、どう考えるのも「自由」です。

ただ、「感じ方」のクセ、というのがあって、どうしてもネガティブな感情に引っ張られやすいです。ネガティブな感情や思考は(「エゴ」と私たちは言いますが)、ワーワーと騒がしいし、説得力があるのです。あらゆる手を使って、心の底に抱える「恐れ」を正当化します。

それを超えるのに必要なのは、地道な「クセ」を変えるくりかえしと、「絆」です。

私は、断続的に、集中的なトレーニングをしますが、本当に大事なのは、日々の「意識」をどう保つか、なのです。姿勢を正すように、自然と崩れるものを直す気持ちを持ち続けることでしか「クセ」は変わりません。

それをやり続けるために、「誰か」とつながれることが大事です。

強い意志を持ち続けられる人もいらっしゃるでしょうけれど、そうでもない人も多いはず。少なくとも私は、そんな強い人間ではありません。ですから、応援してもらえたことが大きかったですし、今でも、たくさんの応援に助けられています。

人との関係性を気持ちの良いもの、幸せなものにするために、自分にも優しくなれるといいですね。でも、これも、すぐに忘れます。なので、「誰か」の優しさに接することで、思い出したいです。

私は、関係性については緊急性があるときは具体的なアドバイスもしますけれど、なるべくならお客さまのプロセスに沿って、癒しが起こるのを見守りたいと思っています。そうすると後戻りしにくいからです。

最近では、ハウツーは、AIが教えてくれますね。恋愛のマッチングや心理テストもたくさん出回っています。「ベイマックス」のようなヒーリングロボットも、きっと身近なものになるのでしょう。それでも、最後の最後まで人が求めるのは、「人」との関係性なのだと思います。

ずっと続く「幸せ」は、人に「愛される」ことよりも、人を「愛する」ことを選べるようになった時から始まります。それは、また、「自分」をとことん受容する道でもあります。

あなたが、本来のあなたらしさを生きることで、人生を楽しめますように。

今日も、幸せ。明日も、幸せ。そんなずっと続く幸せを手にできますように。

love and abundance,
みずがきひろみ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみ みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる