【心理学サロン】本当は愛が恐かった〜それ以上に大切なことってあるかしら?〜

いよいよ明日(10/4)開講!

【みずがきひろみの心理学サロン】のお申込み期限は、

本日10/3(土)15:00 です。

明日、お会いするのを楽しみにしております。

みずがきひろみの心理学サロン

第1章 

本当は愛が恐かった

~親密感への恐れって何だろう~

日時:10月4日(日)13:00~16:00

場所:zoom

参加費: 11,000円(税込)

お申込みは、↓↓↓ボタン↓↓↓をクリックしてくださいね。

こんにちは。みずがきひろみです。

昨夜も、テラスで食後のコーヒーを飲みながら、お月見していました。

雲は多めでしたが、お月さま、綺麗でしたね。

目次

「愛がない」ということについて

ここまで、私たちは、恋愛だったり、仕事だったり、友人関係だったりで悩みを抱えますが、それは、一見、「嫌われる」ことを怖がっているようでいて、本当は「愛」を恐がっているのだ、ということをお話ししてきました。

私たちが悩む時というのは、

「彼ともう少し仲良くなれたら、幸せなのに」、

「彼女が自分を無視しないでくれたら、嬉しいのに」、

「先生が、もっと私を見てくれたら、いいのに」、

「子供がもう少し優しい態度になってくれたら平和なのに」、

「夫が不機嫌でなければ、楽しいのに」、

という具合に、「誰か」との関係性の中で「愛がない!」と苦しみます。

この、特定の関係性の中に、「愛がない」のが、気になって、気になって、仕方がないのです。

もちろん、私も、そのように悩みます。

でも、心のことを深く学んでいくと、

実は、そんな「彼」や「彼女」や、「先生」や「子供」や「夫」を愛するのも、

ショートケーキを愛するのも、

本を愛するのも、

サッカーやバスケを愛するのも、

海や山や地球を愛するのも、

本当は、いっしょ、なんです。

特定の「誰か」との関係性の中に「愛がない」と悩んでいるときは、

他の「誰か」や、「何か」への関心を失っていることも多くて、

他の「誰か」や、「何か」への「愛」も感じられなくなっているものなのです。

女性は、「彼」との恋愛がうまくいかなくなると、

「仕事」もお留守になりがちではありませんか?

集中力がなくなりません?

男性は、女性ほどではないかもしれませんけれど、

「仕事」が行き詰まると、

「彼女」に対しても、当たり散らしてしまったり、しません?

ですから、本当は、その特定の「誰か」でなくても、

他の人でも、仕事でも、趣味でも、場所でも、

何に対してでもいいのです、

「好き」という気持ちを取り戻せたら、

そこが、感じられなくなった「愛」を取り戻す突破口になってくれるのです。

「幸せのリーダーシップ」をとりたいあなたとつながりたい

【みずがきひろみの心理学サロン】の第1章は、「親密感への恐れ」に「気づく」ところから始まります。

それは、第2章以降、具体的な心のクセを10回、回数を重ねて気づきを積み重ねて、

「幸せのリーダーシップ」

を、あなたとご一緒にとりたいという私自身の思いをこめて、

第1章で目標設定をしているからです。

大切な人を「心から愛せる」こと。

大切なもの、仕事でも芸術でも地球でも、を「心から愛せる」こと。

それこそが、ずっと続く幸せを手にする鍵だと思うのです。

それ以上に大切なことって、あるかしら?

思いを分かち合える方と出会いたい。

そんな思いを分かち合える「場」になってほしい。

そう思っています。

応援の声に支えられて

今回は、【みずがきひろみの心理学サロン】に参加しない仲間からも、応援の声をいただいています。

祝福されています。

本当に、ありがとうございます。

まずは、男性のロマンに溢れたブログを書く、蒲谷芳久カウンセラーから。

デビューしては、早速にハートフルな記事を届けてくれている、テル、こと福野てるすけカウンセラー。

そして、2012年に最初に心理学サロンを開催したときからゲストカウンセラーとして関わってくれた、「幸せのリーダーシップ」をとり続けてくれている沼田みえ子カウンセラー。

カウンセリングサービス

オンライン会議システム「zoom」の利用にあたっての注意事項および、お申し込み方法について、詳しくは、カウンセリングサービスのオンラインイベント/ワークショップページをご覧くださいませ。

みずがきひろみ

お申込みフォームにはこちらのボタンからも飛べます!

みずがきひろみ

お会いできるのを楽しみにしております。

love and abundance,

みずがきひろみ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみ みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる