【心理学サロン】第1章にいらしていただき、ありがとうございました!

もう10月だというのに、蚊の集中攻撃に、「しつこいのはキライ!」とつむじを曲げているみずがきです。これは、いったいなんの「投影」なのでしょう、、、。

昨日は、オンライン【心理学サロン】にいらしていただき、ありがとうございました。

ご縁をいただき、とても嬉しかったです。

親密感への恐れは、自分が泣きながら獲得してきた「自立」を、手放す過程で感じる恐さ、です。

せっかく、叱られ、大人の顔色を伺いながら、「一人前」になったのに、

そのときにたどった道を、

感情的に逆戻りするなんて、

そんなのアリかー?

あまりにやるせない。

残念で仕方がない。

なので、抵抗が出てくるのです。

「甘えるなんて、負けだし」。

「お願いしなければならないなんて、悔しいし」。

つい大好きなパートナーと、「どっちがエライ?」と競争しちゃうし。

だから、ツンとしちゃう。

「あっちへ行け!」と相手を突き放すようなことを、言ったり、やったりしちゃう。

「逃げるが勝ち」とばかりに引きこもる。

「私の心には入れてあげないもんね」。

そこで勝ったとして、いったい何が手に入ると思っていたのでしょう。

親密感への恐れは、自分の本当の気持ちに素直になることへの恐れ。

もう、「お母さん」に素直に「助けて」と言えなくなってどれくらい経ちますか?

それは、まるで「お母さん」のお腹に戻るような、

なんだか悔しい、負けたような、申し訳ないような、プライドが傷つくような恥ずかしい感情が上がってくるけれど、

同時に、どこかsweetなところもある、

そんなプロセスです。

母子分離が大変だった方ほど、もう一度、親密感を受け容れて、信頼することを恐いと感じるでしょうし、

抵抗は大きいでしょう。

でも、愛されるのが恐い、という気持ちは、みんな、多かれ少なかれあるのです。

人との距離が近くなればなるほど、

私たちの心は、幼い頃の感情体験に近づくので、体裁を整えにくくなります。

だから、パートナーには、親にも言わなかったことを言ってしまったり、やってしまいます。

一番心の距離の近い人だから。

親密感への恐れがあることが、「悪い」のではありません。

くり返します。

みんな、あります。

いろいろな理由を使って、大切な人と距離を取ろうとします。

もっと親密になることが怖くて。

ですから、そんな自分を正直に認めましょうか。

素直になれずに、怒ったのは、どうして?

何が恐かったの?

何が申し訳ないと思ったの?

何が恥ずかしかったの?

自分の中の小さな人に、真摯に聞いてみましょうか。

そして、それを真っ直ぐに、あなたの大切な人に伝えてみましょうか。

いつだって、お腹の底からのコミュニケーションは、人の心に鐘を鳴らすのだと思います。

そのときは、受け容れられないことであったとしても、時間が立つにつれて、腑に落ちるもの。

親密感への恐れを超える道は、

気づいたら、真心を選ぶ。

ただ、それだけ。

その繰り返し。

気づいたら、選び直す。

何度も、何度も。

恐がって、「あっちへ行け!」をやった自分も、

「逃げた」自分も、責めなくていいのです。

それ、普通ですから。

気づいたら、選び直すだけ。

昨日、皆さまのお話を聞いていて、私は、

「まだまだまだ、皆さん、遠慮していますよー!」。

「あなたは、もっともっとわがままでいいですよー!」。

「それは、後退りしていますよー!遠慮しないでー!」。

を繰り返していましたね。

「あなたの魅力は、そんなもんじゃないよ!」と言いたかった!

「ご自分で、ご自分を抑えていらっしゃいますよ!」。

「まだ、心の中のお母さんに遠慮して、本当の力を出し切っていませんよ」。

「出過ぎた杭でいいのです」と。

まったく、誰に向かって言っていたのでしょう?

そう。

皆さまを見ていて、

「あなた、そんなもんじゃない。もっと輝けるのにまだ隠れているよ」、

「自分のニーズに気づいて、それを満たして」、

と思ったということは、

私も、まだまだ遠慮していて、自分のニーズを満たしていない、ということ。

これが、第2章で話題になる「投影」の仕組みです。

あなたが「誰か」に見ているものは、

あなたの中にあるのに、あなたが「自分にある」とちゃんと認めていないものかもしれません。

私たちは、本当に、とてもよく、自分をちっぽけに扱うんですよね。

こんなに自分は素晴らしいのに、

こんなにちっぽけに扱ってきたのかー。

親密感から逃げちゃったり、

自分をちっぽけに扱っちゃったり。

私たちは、自分に対する扱いが、失礼なんです。

「やってるな」と気づくところから。

気づいたら、一つずつ、選び直しましょう。

だって、私たちは、みんな「最高」に幸せになっていいのですから。

昨日、ご参加いただいた方、アンケートを書いていただけると助かります。

もっと皆さまにとって役に立つ「場」に進化させていきたいのです。

短い時間で、でも「あ!」という気づきがあって、それを手がかりに、自分らしい人生を構築できる。

自分らしく生きることの勇気を見つけて、ここから、また、歩き始める。

あなたが「あなた」であることを思い出す「場」に、皆さまとご一緒に育ててゆきたいのです。

ご質問がありましたら、アンケートにお書きください。

お返事をさせていただきますね。

第1章にご参加いただき、ありがとうございました。

今日も幸せ。明日も幸せ。そんなずっと続く幸せを見つけられますように。

love and abundance,

みずがきひろみ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみ みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる