【アバンダンス】再誕生はスルッとしてもいい

今日は、とても秋らしい、すっきりとしたお天気の東京です。

朝から、大規模修繕のための足場が組まれ、職人さんたちが窓の外を忙しそうに通ります。トンテンカンテン、うるさいといえばうるさいですが、寒からず、暑からず、職人さんたちが仕事しやすい気候になってよかったです。

こんにちは。みずがきひろみです。

「喪失」について【心理学講座】に寄稿した記事をご紹介したところ、思いがけず反響が大きくて、あらためて、喪失と向き合っておられる方が少なくないことを知りました。

どうぞ、ご自分を労ってくださいね。心と向き合う作業は、易しいばかりではありませんから。

それが、人であれ、モノであれ、夢であれ、思いであれ、大切なものを失うのは大きな心の負担です。

それは、失った「対象」に限らず、その人、もの、夢、思いに、かけた自分の「思い」があって、その自分の「思い」も死ぬからで、「愛する人」のみならず、「愛する人」を愛した「私」も失くなる体験なのです。

そこに大きな怒りを感じます。

受け入れたくないですから。

悲しみに抵抗すればするほど、身体に縛りついた怒りが、前に進もうとする足を止めます。

そんなに苦しまなくてもいいのです。

「対象」を失うと、どうしても、自分の「愛」までちっぽけなもののように感じられてしまいます。

だから、自分を責めますし、自分を嫌い、自分を葬り去りたくなりますけれど。

それは、「失った」ことへの癇癪で、真実ではありません。

あなたの愛の大きさは、1ミリたりとも変わっていません。

あなたの価値も、1ミリたりとも変わっていません。

もし、あなたが悲しみの中で、もっと幸せなあり方を見つけたいと願えたなら。

そこに希望のタネがあります。

あなたはもっと幸せでいいですよ。

そう思えると、小さな誕生があります。

ゆっくりとした時間の中で生きてもいいよね。

自由に自分を表現してもいいよね。

楽しんでもいいよね。

今月のアバンダンスでは、そんな小さな再誕生が続いています。

10/14(水)19:00~21:30 は、服部希美カウンセラーがゲスト参加してくださいます。

10/21(水)19:00~21:30 は、森川陽介カウンセラーがゲスト参加してくださいます。

ご関心のある方は、06-6190-5611にお問い合わせくださいませ。1-2席、キャンセルが出ることがあります。

love and abundance,

みずがきひろみ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみのアバター みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる