息抜きは大事。何事も。

またコロナの感染者数が増えています。

皆さまの心配を煽りたいのではありません。

ただ、こういうときは、気づいているかいないかはともかく、皆さま、ストレスに晒されます。自分の生活に直接影響のある方もない方もいらっしゃると思いますが、ストレスは、どちらにしてもかかります。

「自分が誰かに迷惑をかけるかもしれない(意図せずに感染を媒介してしまうかも)」という神経質なまでの「恐れ」も、

「大丈夫、大丈夫。コロナなんか心配ない」という、それで苦しんでおられる方が見えない「否認」も、

心の真ん中で感じるストレスは一緒です。

いかがお過ごしですか?毎日の中で楽しみを見つけていらっしゃいますか?

こんにちは。みずがきひろみです。

コロナが流行している、と警戒する気持ちがあれば、

常に警戒する気持ちは、単に「風邪を引かないように」「免疫を下げないように」という、わかりやすい緊張だけではなくて、

遊びなり、仕事なり、あなたの生活の全てに、警戒する気持ちを引っ張り出します。

一つのことに対してとった心の態度は、無意識に、他のことに対しても、スライドして適用されます。

イライラや緊張は、「対コロナ」だけではなくて、仕事や趣味、恋愛、友人関係など全般的に、感じるのではないかしら。

心って、一時が万事、なのですよね。

私たちは、本当のところ、自分が何に怒っているのか、よくわかっていないところがあるんです。

なんとなくモヤっとしている、

なんとなくイラッとしている、

なんとなくどよんとしている。

わからないのがまたイラつくので、目の前にあるそれらしい「怒っていい」ようなことのせいにします。

心って、そんなふうにできているんです。

だから、「コロナのせいで」、

思い通りにならないことがワンサカ出てくると、

そして手詰まり感があると、

心に風穴を開けたくて

「何か」を打ち壊したくなります。

ときには、手当たり次第に。笑。

もしかしたら、

本当に必要ないものかもしれないし、

そうならば、もちろん手放して、吉。

でも、すぐにはわからないかもしれませんね。

ほら。心って、一事が万事、になりやすいから。

手詰まり感から抜け出すために

手放したいことと

大切なものとの区別がつかないことも多いです。

こういうときは、息抜きが大事、ね。

考えすぎなアタマを休めるつもりで。

アタマでいくら考えても答えは出ません。

感情に反射的に突き動かされるのも違うけれど

アタマで考えようとしても納得のいく答えには辿り着けません。

そうではなくて、

アタマを空っぽにして

心にスキマをつくる。

言うほど簡単ではないけれど

そんなことをしたいのです。

だから、息抜きを大切にしましょう。

深刻に思えるときほど

視野狭窄にならないためにも、息を抜く。

ふーっと大きく息を抜く時間、意識的にお持ちですか?

アタマから自由になれる「場」を確保していらっしゃいますか?

今日も幸せ。明日も幸せ。そんなずっと続く幸せを見つけられますように。

love and abundance,

みずがきひろみ

11月の(女性性の)アバンダンス・ワークショップは、「愛のリーダーシップ」をテーマに心を整えていきます。もし、お役に立てるようでしたら、神戸メンタルサービス(06-6190-5611)まで、お電話をくださいませ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみのアバター みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる