【心理学サロン】「許せない!」と思うこと、ありますか?

「自分を知り、自分を好きになれれば、人生はもっと楽しい♪」をモットーに、10回シリーズでお届けする【みずがきひろみの心理学サロン】。(シリーズものではありますが、テーマごとに毎回完結しています。途中から、初参加の方も歓迎していますので、どうぞ興味のあるテーマからご参加くださいね。)

第4章は、『自己嫌悪が隠すあなたの魅力や才能を知ろう』と題して、私たちが、毎日のように自分にダメ出ししているところを、仲間に、よってたかって弁護してもらって、どこに自分の魅力や才能があるかを探します。もしかしたら、その自己嫌悪は誤解かもしれませんよー。それ、魅力や才能として受け取り直しませんか?

こんにちは。みずがきひろみです。

なんと、来週から師走ですわよ!

びっくりしているのは私だけでしょうか。米国の大統領選挙戦の結果が決まる、決まらないと気を揉んでいるうちに、コロナの流行がまたしても拡大しているようですし、なんだか忙しないなぁと思っているうちに、もう今年も終わりそうだなんて。

本当に、なんて1年なんでしょう。

世の中が音を立てて変わっていく中、否が応でも自分と向き合わなければならなかった方、少なくないのではないかしら。

せめて、この1年、「癒しの年」として締めくくり、2021年は前に進みたい。

そんな思いから、12月のみずがきひろみの心理学サロンは、「許し」をテーマにお届けします。

自分を幸せにするために、今年のうちに、許せるだけ許して、心を軽くしておきませんか?

目次

ふざけるなー。謝れー。それが言えるまでが大変だったのに。

あなたはどのくらい「良い子」の着ぐるみを着込んでいらっしゃるでしょうか。

周りの大人たちの思いや感情に敏感だっただけ、たくさん着込んだかもしれません。そんなあなたは、おそらく周りの大人たちの思惑や感情に圧倒されながら育ったので、「自分」の気持ちや思いを優先することはとても勇気のいることだったでしょう。

自分軸で生きたいと願っても、肝心の「自分」の気持ちがわからないと、何を大切にしたらいいのかが、そもそもわかりません。

イライラする、とか、悶々とする、というのはわかっても、それが「怒り」であることも、誰に対する、どういう思いなのかわからないことに、余計にイライラしちゃうかもしれません。

感受性が強くて、周りの空気に敏感だと、いつも自分が何か「悪い」ことをしたのではないかと不安になりますね。

自分が勝手に心配ばかりしてきたのだけれど、その緊張や苦労を誰にもわかってもらえないのが孤独すぎて辛いときだってあります。

誰かにわかって欲しかった。同じように、「自分」の思いや感情にも斟酌して欲しかった。でも、そうは察してもらえないと、悲しみが沈殿していきます。それをまた我慢するから「怒り」がたまります。

誰にもわかってもらえないと絶望していたのが、「ひょっとしてわかってくれる?」と一縷の望みをもつと、あるいは、「どうしてもわかって欲しい」と思うくらい「つながり」が欲しくなると、これまで抑えてきたニーズが噴き出すから、

「ふざけるなー。謝れー」になってしまいます。

感情的で、分別がないと言ってしまえばそれまでですが、この「ふざけるなー。謝れー」が言えるようになるのが、そもそも大変だった、という方は少なくありません。

本当は、誰が悪いというわけでもないんです。

ただわかり合いたいだけだったということに気づけるのは、欲しかったはずの「ごめんなさい」の虚しさを味わえたとき。

ここまでが大変だったのに、本当に欲しかったのは、これじゃなかった。

「ごめんなさい」より欲しいもの

怒っている時は、罪悪感を隠しています。

これは、ちょっとピンとこないかもしれませんけれど。

どこかで「自分が悪い」と思っているところがあるんです。

こういうと「そんなはずはない!」とおっしゃる方は多いですし、

私も、渦中では、「絶対に私が悪いわけではない。相手が酷い仕打ちをしたのよ!」と言い張る自信があります。

「浮気したのは彼の方ですもん!」。

「そのとおり!でも、彼、寂しかったかも?」。

「何よ、それくらい。私なんか子供の世話でいつもヒーヒー言っていたのに助けてくれなかったじゃない!」。

「そのとおり!でも、彼も、仕事でヒーヒーだったかも?」。

「そうかもしれないけれど、まだ大人相手で言葉が通じるじゃない!」。

正論なんです。

私は「悪くない」。

でも、こんなに辛い想いをしている。

それは誰のせいなのか?アイツか!

だったら、謝ってもらわなくては、「辛い」気持ちがなくならない。

と思うのです。

だから、謝ってもらうまでは「許せない」と思うのです。

ところが。

実際に、こういう場面を体験された方は覚えがあると思うのですが、

何度謝ってもらっても、なかなか気が晴れないものです。

こんなに謝ってもらったのだから、といったん収めても、またちょっとしたことからムクムクと「あのとき」の悔しさや悲しみが持ち上がって、相手を責めてしまうことが多いのです。

「ごめんなさい」を言ってもらっても気が晴れないのは、どうしてでしょう。

「あなたは悪くなくて、被害者で、かわいそうで、罪があるのはこちらだ」と認めてもらうことで、気持ちがいったん落ち着くのは確かです。

でも、そう相手に責を引き受けてもらっても、どうやら自分の中の罪悪感は無くならないみたいなのです。

なぜならば、辛い思いをしている理由は、「彼が浮気をしたから」ではないからです。

浮気をした彼を「愛せない」罪悪感は、もう一度、彼を愛せるようになるまで消えないから、なのです。

自分の中に「愛」を感じられないと、それが苦しくて、相手が自分を「愛してくれなかった」からそうなった、とまた相手の「非」を追求したくなるのです。

逆に言えば、それくらい「愛したい」んですけれど。だから、愛せないのが辛い。

もう、自分の愛を信じられなくなっちゃったのでしょう?

浮気されちゃったってことは、自分の愛なんてチッポケなものだと自信がなくなっちゃいますものね。

本当に知りたいのは、私の「愛」でも満足してもらえるのかどうか、ということ。

その答えがNOだと困るから、聞けません。

ダメかも、喜んでもらえないかも、と思うつどに心配になって、「あなたは浮気するから、、、」と自分の不安を相手のせいにしちゃうんです。

要するに、「自信がない」。

ここで欲しいのは、「ごめんなさい」ではありません。

「正しさ」を手に入れても、愛されるわけではありませんから。

私の「愛」を受け取ってもらえているかどうかが、知りたいのです。

こうして見てみると、「許し」は、自分のありのままを「許す」ことなのだとわかります。

相手のありのままも、私のありのままも、どちらもOK。

相手の不足も、私の不足も、OK。

二人の人間が、相手を「愛したい」と願っている。そのこと自体がすごくないかしら?

相手の愛も、私の愛も、当たり前ではないということが二人とも感じられたら、痛みはきっと消えますね。

オンラインセミナーを受講していただくにあたってのお願い

みずがきひろみの心理学サロンは、オンラインセミナーです。

ご自宅で気軽に楽しんでいただけますから、ぜひ、遠方の方にもチャレンジしていただければと思いますが、オンラインセミナーならではの注意事項があります。

みずがきひろみの心理学サロンを受講する方へのお願い
  • このワークショップは、zoomというアプリを使ったオンラインセミナーです。zoomをダウンロードできるパソコン、スマホ、タブレットなどのデバイスと、これらのデバイスを使える通信環境をご用意ください。
  • このワークショップでは、グループワークや分かち合いを行います。お顔の映像やお声を送っていただきますので、カメラとマイクの内蔵されたPC、もしくはスマホかタブレットをご用意の上、ご参加ください。
  • お好きなところからご参加いただけますが、参加者どうしがお互いのプライバシーを尊重できるように、ご自分以外の方が、このワークショップを視聴できないようにご注意ください。イヤホンを使っていただけると安心です。
zoomのオンラインセミナーを受講するにあたっての注意事項とお願い
zoomのオンラインワークショップを受講するにあたっての注意事項

zoomは、パソコンやスマホを使って、セミナーや会議をオンラインで開催するために開発されたアプリです。

面倒な会員登録や設定は無用です。

参加費の決済が完了された方に、ダウンロードが可能な、当日のミーティングIDなどの情報をPDFで送付いたします。アプリをインストールし、こちらのミーティングIDやパスワードを入力していただくことで、ワークショップにご参加いただけます。

zoomアプリについて
  • ワークショップに参加していただくのに、zoomのアカウントは必要ありません。
  • アプリは最新のものをお使いください。
  • PCで参加される場合は、アプリのインストールなくブラウザからの参加も可能です。https://zoom.us/join
事前準備について
  • カメラやオーディオ機能を使うアプリは参加前に終了させてください。
  • PCにスピーカーが内蔵または、接続されていないと音声を聞いていただくことができません。スピーカーがない場合は、スマホやタブレットでの参加をおすすめいたします。同様に、マイクが内蔵、もしくは接続されていないとあなたの声が講師や参加者に届きません。このセミナーは、グループワークを行いますので、スピーカー、マイク共に必要です。
  • ビデオありにすると、講師および他の参加者があなたの映像を見ることができます。ビデオなしにすると、音声のみの参加になります。PCにカメラが無いとビデオなし(音声のみ)の参加になります。このセミナーは、グループワーク を行いますので、ビデオありでご参加ください。PCにカメラがない場合は、スマホやタブレットでの参加をおすすめいたします。
  • インターネット速度テストをして、通信が安定しているかをご確認ください。(Googleの検索で「スピードテスト」と入れていただくと計測できます。)
  • 初めてzoomをご利用の方h、zoomアカデミージャパンさまのサイトにわかりやすく手順がまとめられています。https://zoomy.info/manuals/what is zoom/
みずがきひろみ

お申込みフォームにはこちらのボタンからも飛べます!

みずがきひろみ

お会いできるのを楽しみにしております。

love and abundance,

みずがきひろみ

みずがきひろみの心理学サロンの詳細は、こちらのページをご覧くださいませ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみのアバター みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる