【心理学サロン】第3章・どうしたら許せますか?〜「許し」のプロセス〜/ゲストカウンセラーのご紹介(1)

「自分を知り、自分を好きになれれば、人生はもっと楽しい♪」をモットーに、10回シリーズでお届けする【みずがきひろみの心理学サロン】。(シリーズものではありますが、テーマごとに毎回完結しています。途中から、初参加の方も歓迎していますので、どうぞ興味のあるテーマからご参加くださいね。)

第4章は、『自己嫌悪が隠すあなたの魅力や才能を知ろう』と題して、私たちが、毎日のように自分にダメ出ししているところを、仲間に、よってたかって弁護してもらって、どこに自分の魅力や才能があるかを探します。もしかしたら、その自己嫌悪は誤解かもしれませんよー。それ、魅力や才能として受け取り直しませんか?

こんにちは。みずがきひろみです。

私は、東京に住んでいるのですが、ここへきて冷え込む日が出てきて、肩に力が入るのか、肩こり、首こりが気になります。季節もありますが、縮こまらずに、生活したいなぁと思います。皆さま、お元気でいらっしゃいますか?

12月6日(日)のみずがきひろみの心理学サロンのお申し込み期日は、

12月5日(土)の15:00

です。お支払い期日も、同じく

12月5日(土)の15:00

となりますので、ご注意くださいませ。

目次

「許し」にもプロセスがある

許すことが大事だというのはわかるし、許したいけれど許せない。

そう感じている方は多いのではないかしら。

「許し」が起きるのにはプロセスがあります。

人によって、このプロセスが前後することはあります。でも、大体、このプロセスを辿ります。

STEP
自分の「痛み」を知る

「許す」必要があるということは、あなたが傷ついたということ。相手を責めたい気持ちに苛まれますが、その奥にある「傷ついた自分」の心を受け止めましょう。あなたは、その人の言動の「何に」「どこに」「どうして」傷ついたのでしょう?「痛み」は、癒されるために上がってくる、と言います。あなたがその「痛み」から自由になるために、今、怒っているのかもしれません。その怒りの下にある悲しみや寂しさ、怖れに気づけるといいですね。

感情が溢れるのがイヤで、このプロセスを進められないことも多いです。できれば、信頼できる誰かに寄り添って、聞いてもらえるといいですね。「わかってほしい」という気持ちがたくさん出てきますが、これは、実は、自分が自分をもっと知りたいという気持ちの現れです。「許す」ことの出発点には、「わかる」「理解する」というプロセスがあるようです。誰かに「わかってもらう」ことで、自分のことを受け入れやすくなりますね。

STEP
相手の「痛み」を知る

あなたを傷つけた「相手」がいますね。人ではなくて状況(災害、疫病など)もあるかもしれませんが、その場合も、私たちは、自分を守れなかった「誰か」を責めたくなるものです。

その相手は、なぜ、そんな言動をとったのでしょう?相手がもしも攻撃的だったとするならば、そこには、理由も事情もあるでしょう。そんな、相手の立ち位置から、相手を理解しようと意欲を持ってみましょう。

自分がイヤな思いをしたにもかかわらず、相手の立場を慮り、そこに共感するには、大きなハートが必要です。「優しさ」が知性であるというのは、自分の感情をいったん横に置いて、自分の「痛み」も、相手の「痛み」も俯瞰して見ることのできる意識の高さが、優しくあるためには必要だからです。「大きな愛になりたい」。そんな気持ちでこのプロセスを歩んでいただけたらなぁ、と思います。

理解したから許せるというものでもありませんが、この「ああ、そうだったのか」「まぁ、そうなるよね」という共感力が出てきてくれたら大丈夫。順調に「許し」のプロセスは進んでいます。

STEP
「痛み」を手放す

「もう、このことで苦しみたくない」。「もう、助けてほしい」。許せないことで、怒りや罪悪感でパンパンになって、人生を楽しめなくなると、「もう、懲り懲り」という気持ちになります。そんな気持ちになる前に手放せるといいのですが、私たちは、びっくりするくらい「痛み」に執着します(もちろん、私、含む)。ウンザリするまで、自分ではなくて「相手」が変わってくれることを待ちます。でも、それで人生でいい選択ができなくて、いつまでたっても「自分、ショボイ」という位置から抜け出せないのも、「あなた」で、相手ではありません。

ここまでくると、それこそ本気で、「許したい」と願えるみたいです。そして、「お願いします。許せるようにしてください」と祈れるのです。

「祈り」は、強く、強く、願うことなのですが、心底、邪念なく願えると、許しやすくなります。ふっと「痛み」が解けれて、溶けるような瞬間が、あるとき訪れます。気がつけば、軽くなっていた、と感じる方もいらっしゃいます。いつの間にか気にならなくなっていた、というときもあります。

「相手に変わってほしい」と願っているときは、まだ「痛み」にしがみついているので、状況はなかなか変わりません。でも、「許したい」と願うようになると、あるときから相手のあなたへの態度が変わることがあります。それは、まるで時空をワープしたかのような体験になることもあります。(マジックではありません。投影と投影の同一化が起きているのです。これについてはまた別のところで説明する機会を持ちますね。)

STEP
学び(ギフト)を受け取る

どうしてこんなしんどい思いをしなければならなかったのでしょう?なぜ、この「相手」とのご縁があったのでしょう?それを通して私たちは、いったい何を学びたかったのでしょう?

「相手」の痛みの向こう側に、相手の「素晴らしさ(ギフト)」を感じられることがあります。「だらしなさ」に見えていたものの奥に「自由」や「おおらかさ」があるかもしれませんし、「弱さ」に見えていたものの奥に、「優しさ」や「繊細さ」があるかもしれません。

これは、あなたがご自分に対して、「ダメ」出しをし、自分から遠ざけていた「あなたの素晴らしさ」でもあります。それを、この「許し」が起きたことで、自分が使うことにも「許し」がおります。ほら、もっと自由にものを感じ、考えられるようになっているでしょう?

STEP
バージョンアップしたあなたで誰かを愛してみよう

「許し」は「完全に(愛を)与える」こと。あなたが許せない誰かを許せるようになることで、あなたのハートがより大きくなります。そのより大きくなった、バージョンアップしたハートで、人を愛してみましょう。まず、目の前にいる人から。この人をどう幸せな気持ちにさせてあげようかな?そう思うだけでOK。バージョンアップしたあなたのハートは、これまで思いつかなかった愛し方も、「アイテム」としてお道具箱に持っています。なので、もっとクリエイティブに、もっと自然体で、人を幸せな気持ちにして差し上げることができます。

許そうとすると、いっぱい抵抗が出てきます。私たちは、この抵抗を「エゴ」と呼んでいます。

「エゴ」は、「愛」ではないもの。「愛」ではないから、この気持ちでいる間は、どこか心が堅くて、詰まっていて、苦しい感じがあります。

「エゴ」は、だからダメというものでもなくて、「あぁ、そこで苦しかったよね」「傷ついたことがあったね」と「わかってほしい」ポイントを教えてくれている心の叫び、なのです。

だから、「そう思うよね」と心を寄せればいいのです。

特に、このstep1とstep2について、沼田みえ子カウンセラーが、ご自身のブログで、具体的に、わかりやすく、説明してくださっていますので、ぜひ、お読みいただきたいです。

みえ子さんも、12/6(日)の心理学サロンにゲストとして参加してくださいます。同じグループになれるとラッキーですね。

ゲストカウンセラーのご紹介

今回も、仲間たちが皆さまのサポートに駆けつけてくれます。本当に、ありがたい。私の大切な仲間たちを何人かずつご紹介しますね。

美吉風香カウンセラー

風香さんは、ファイターです。困難さんと真正面から取っ組み合う、情熱の人。だから、あなたのチャレンジを全力で応援したいのです。ハートフルに生きたいと思っているあなたの心の友になってくれますよ。

福野てるすけカウンセラー

今年、プロデビューした大型新人「てる」です。身体もデッカイ、ハートもデッカイ。文字通り「大型」です。繊細でハートフルでありながら一本筋の通ったブログは、読み応えたっぷりです。どうぞお見知りおきを。

沼田みえ子カウンセラー

恋愛・パートナーシップのことならお任せ!恋愛カウンセラーとして大活躍中の「みえぽん」こと沼田みえ子カウンセラーも駆けつけてくれます。ここぞという時、あなたが弱気になった時、「あなたなら大丈夫!」とあなたの幸せを信頼し続けてくれる人です。彼女がライフコーチとしてついていてくれたら、百人力!

心理学サロンへのお申し込み方法

カウンセリングサービスのオンラインワークショップへのお申し込み方法
STEP
オンラインワークショップのお申込みフォームにご記入ください。
STEP
きくまるショップで参加費をお支払いください。ご入金いただきました料金は、キャンセルなど、いかなる場合も、返金できかねます。ご了承ください。お支払い期限は、前日の15:00となります。
STEP
決済完了後にワークショップの参加に必要なミーティングIDやパスワードなどの情報をお知らせします。購入完了のメールが購入手続き時に入力いただいたアドレスに届きますのでご確認ください。
みずがきひろみ

お申込みフォームにはこちらのボタンからも飛べます!

みずがきひろみ

お会いできるのを楽しみにしております。

今日も幸せ。明日も幸せ。そんなずっと続く幸せを見つけられますように。

love and abundance,

みずがきひろみ

みずがきひろみの心理学サロンの詳細はこちらをご覧くださいませ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみ みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる