【心理学サロン】幸せになるのに条件なんか何もないのよね、ホントは。第3章に参加してくださった皆さま、ありがとうございました!

こんにちは。みずがきひろみです。

みずがきひろみの心理学サロン第3章にいらしてくださった皆さま、ありがとうございました。

一夜明けて、今日は、どんなお気持ちでいらっしゃいますか?

ちょっぴり寂しい?

ちょっぴり悲しい?

ちょっと呆けた感じ?

そして、甘酸っぱい気持ちともに、かすかにホッとしている自分がいることに気づいていただけたら、私は嬉しいかな。

たった3時間でしたけれど、

皆さまの、心の奥に押し殺してこられた思いを聞かせていただけて、とてもありがたかったです。

おそらくずっと出口を探していた思いたち。

もちろん、まだまだ燻っていて、本当は、もっと吐き出したいこともあったでしょう。

あなたが、どれだけ「許せない!」という気持ちを抱えていても、幸せになれないなんてことはありません。

幸せでいいんです!

幸せでいることに条件なんか、ホントは、何一つありません。

あなたが傷ついたこと。痛みを抱えてしまったこと。

それは、あなたを臆病にしたかもしれません。

思いっきり自分を表現すること、

思いっきり自分らしく生きることが怖くなっちゃった方もいるでしょう。

人の顔色を見ながら生きるのに慣れ、

自分の心の声を聴くことも、

魂の叫びにしたがって生きることも諦めてしまったかもしれません。

そうして尻込みしてしまう自分も、

失敗したーって頭を抱えている自分も、

自分をペナルティボックスに押し込めてしまった自分も、

みんな許されていいんです。

「それでも幸せになっていいのでしょうか?」

昨日、チャットに書いてくださったこの言葉。

私の胸に刺さっています。

幸せになっていいに決まってる!

幸せになっていいに決まってる!!

幸せになっていいに決まってる!!!

生きていると悲しいこと、悔しいこと、腹立たしいこと、あります。

自分に落ち度があることもないこともあります。

でも、私たちの心は、

そこから学ことも、立ち直ることもできます。

この罪悪感を超えられるだけの大きな愛を持ちたい。

「ごめんなさい」を超えられるほど愛せたらいいのに。

あなたの瞳を真っ直ぐに見つめられるほど愛したい。

今日は、私のハートが鷲掴みされたように痛いです。

よく耳を傾けてみたら、

「もっと強くなりたい!もっと愛せるようになりたい!」

そう叫びながら駆けずり回っているチビな私がいました。

どうやら皆さまのピュアなハートにめちゃめちゃ感動したようです。

本当にありがとうございました。

何があっても「幸せでいい」ですよ!

人生、本当のところは、それしか大事なことはありません。

Merry Christmas to you all!

love and abundance,

みずがきひろみ

みずがきひろみの心理学サロンについてこれまで書かれた記事は、こちらにまとめています。ご覧くださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみのアバター みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる