【東京感謝祭2020】楽しむことを忘れないで!あなたの見たい世界を創るために。

12/19の東京感謝祭2020にいらしていただき、ありがとうございました。

講演者一人一人の、実体験からの渾身のメッセージ、受け取っていただき、ありがとうございます。皆さまが、頷きながら聞いてくださることに、とても励まされました。

2021年をハッピーに生きるために大切にしたいことのTOP3をお伝えしました。お伝えしたいことがてんこ盛りだったので、突っ走りましたが、3つ、覚えていただきましたか?

「お願い」。

「献心」。

「楽しむ」。

別名、

「受け取る」。

「与える」。

「喜ぶ」。

脳にヴィジョンを思い浮かべながら、この3つを繰り返す、のです。

実は、ここでお伝えした心の態度は、2020年に限ったことではなくて、本当は、いつも、「今」「ここ」で選び直していただければ、人生を立て直すことのできるものです。

今年は、みんな、大変な年でした。

だからこそ、心の押し入れにため込んだものを一掃する大、大、大チャンスなのです。

せっかくの、このチャンスを活かして、生まれ変わりましょうよ。

過去を清算するのならば、

成功は手放す

失敗は許す。

ただ、自分にそう言い聞かせてみてくださいね。

そして、ゼロスタートだと思って、3つの心の態度を実践してみてください。

今朝のお散歩での出会い

一夜明けた今朝、ダーリンといつものようにお散歩をしていたら。

目黒川の辺りにあるフルーツサンドのお店の若いスタッフたちが、

目黒川沿いの通りのゴミ拾いをしてくれていました。

二人1組で、お店からずいぶんと離れたところまで、

ビニール手袋をして、タバコの吸い殻や投げ捨てられたペットボトルを拾ってくれていました。

「おはようございます!」

若いお兄ちゃんたちが元気に挨拶をしてくれて、

「おはようございます。ありがとうございます」

と私も感謝を伝えます。

感謝祭の講演でお伝えしたかった献心を、さっそく見せていただきました。

特別な、何かである必要はなくて、

そのとき、できることをする。

必ず、誰かがそれを見ていて、

「良いように」と祈る。

そんな「気持ちいい」心がめぐるのを感じられた日は自然と幸せな気持ちになれます。

みかんのサンドイッチ。みかんが1個半ゴロンと入っています。

信じられないかもしれないけれど、今、起きていることは、ぜーんぶ、いいこと。

まだ、何が、どう「いい」のかわからないかもしれませんけれど、

でも、ぜーんぶ、いいこと。

そう信頼して、人生を楽しむ気持ちを引っ張り出してくださいね。

いつも応援しています。

ありがとうございました。

love and abundance,

みずがきひろみ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみのアバター みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる