【アバンダンス】サレンダーってホント難しい。でも、絶体絶命のときは、コレしかない。

こんにちは。みずがきひろみです。

とうとう今夜、今年最後の(女性性の)アバンダンス・ワークショップです。

3月にコロナの流行拡大で、これまで東京、名古屋、大阪の3地域で毎月1回開催してきたアバンダンスワークショップをzoom会議室での開催に変えて、毎月3回のオンラインワークショップとしてお届けしてきました。

リアル開催では、ロングジョイニングでの感情解放をしてきましたが、オンラインアバンダンスでは、全員フォーカスで、分かち合いとジョイニングという心理療法での癒しのリレーでワンネスを目指すスタイルをとってきました。

2020年の最終回は、本日!

目次

やれることをやったら、あとは、コレなのよね。

テーマは「サレンダー」。

委ねる。天に預ける。

「投げ捨てる」ではありません。「放り出す」でもありません。

全力を尽くすのですが、結果は「天に委ねる」ということ。

私たちは、自分のやり方で、自分の欲しい結果が欲しいじゃない?

自分のやり方で、自分の欲しい結果が出ないと、自己重要感がなくなっちゃう。

自尊心が傷つきます。

だから拘ってしまいます、マイウェイ。

「マイウェイ」。カラオケで熱唱されることも多い名曲です。

結果はどうであれ、、、I did it my way!

自分の人生、そのことに満足している!

いいんですけれど。

最後の最後、人生って、やっぱりそういうものかも、って私も思いますけれど。

自分の人生を100%受容することは大切ですよね。

でも、他の道もあるかも?

そう、チラッとでも思えて、そこに委ねることができるなら、またいろいろな景色が見えるかもしれません。

この12月。ここまで2回、(女性性の)アバンダンス・ワークショップを開催させていただきました。

そして、これまで抱えてきたたくさんの痛みを溶かし、手放すことにチャレンジしていただきました。

この痛みが、私たちを「マイウェイ」に縛りつけるのです。

2021年を軽やかに迎えていただきたい。

本日、今年最後のアバンダンスも、そんな願いをこめて場を開きます。

ゲストに中村陽子カウンセラーをお迎えします。

今日も、ワンネスの優しい世界を見に行きましょうね。

(女性性の)アバンダンス・ワークショップ

日時:2021年6月16日(水)19:00~21:30

場所:ZOOM

料金:13,200円

ゲスト:高見綾カウンセラー

(女性性の)アバンダンス・ワークショップでは何をしているのでしょう?

(女性性の)アバンダンス・ワークショップは、ちょっと怪しげなセミナーです。

zoom会議室で、目と目を合わせるのにもコツがいる、というのもありますが、そんな状態でも感情が伝播して、癒しが起こるというのがナゾ、と初めての方は思われるかもしれません。

ところが感情を感じて、カタルシスが起こり、癒される、というプロセスに慣れてくると、これほどシンプルかつスピーディに癒しが起こる方法があることにびっくりして、うっかりハマる、のです。

アバンダンスは、「ありあまる豊かさ」のこと、です。

癒しのバイブルのような本、A Course in Miraclesでは、起こっていることのすべてに「愛」を見ると、この世の「真実」が見える。そして、それは、とても「豊かな」世界(アバンダンス)だ、と言います。

これがアバンダンスの世界観です。

実際に、ワークショップなどで、ひたすら投影を引き戻すことを繰り返すと、そこにはものすごく平和で静かな愛に溢れた世界が広がります。(感情を伴わずとも、30回くらい続けて引き戻すと、心象風景は平和なものになります。)

日常生活で、私たちは様々な、楽しくない感情にまみれ、苦しい思いに囚われますけれど、重い雲に覆われたその先は、とても明るい平和の空が広がっているのです。

ずっとその世界に住んでいられるわけではありませんが、愛がある方が「真実」であることを思い出すために、何度も通ってくださるファンの方もいらっしゃいます。それは、実生活で引きずり下ろされることがあったとしても、怒りや憎しみや罪悪感を抱えたままで、モノクロの世界を見つめているよりは、お互いに愛し合い、助け合い、そして自分のことも愛おしいと思える「自分」を思い出したくていらしてくださるのだと思います。

自分の「愛」とつながることで、リアルな生活でも、人を愛しやすくなります。

ブラックな「自分」もいるけれど、ピュアホワイトな「自分」もいる。

ピュアホワイトな「自分」で世界を見つめたときの、「アバンダンス」を受け取れますように。

(女性性の)アバンダンス・ワークショップは、あなたがご自分の「愛」とつながりなおして、もう一度、「愛」で人と繋がれるようになるための、「場」、なのです。

お待ちしていますね。

love and abundance,

みずがきひろみ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみのアバター みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる