【心理学サロン】第4章にいらしていただき、ありがとうございました。

コンプレックスってしんどいですよね。しつこいし。

無くなったらいい、って思いますよね。これが無くなったら、きっともっと楽に欲しいものを手に入れられてる、ってわかっていますから。

でも、しつこい。笑。

でもね。コンプレックスは、誤解なんです。

コンプレックスは、才能を隠している。

コンプレックスは、魅力を隠している。

このことを覚えておいてくださいね。

そして、コンプレックスの方ではなくて、才能と魅力の方を見てくれるお友だちを大切にしましょうね。

こんにちは。みずがきひろみです。

昨日の、みずがきひろみの心理学サロン・第4章『自己嫌悪が隠すあなたの魅力や才能を知ろう』にご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

お疲れ、かしら?

コンプレックス、山ほどあるのを思い出しちゃった?

そのリスト、必ず、ビリビリに破いて捨ててくださいね。

持っていなくていいですから。

いったんは出す。口に出すか、紙に書くか。(←アタマとココロから取り出す。)

そして、捨てる。(←行動で、自分のココロにこれはいらない!と教えること。)

心がコンプレックスにやられて、真っ黒になるときもありますね。

そんな時は、あなたの才能や魅力を見てくれる誰かとつながってくださいね。

「私、ピンチです。助けてください」。

そう言って、あなたの良さを聞いてください。

このときの注意は、

素直に聞くこと!

真っ向から否定したり、怒ったりして、味方になろうとしている友達を攻撃しないでね。

それこそ、エゴの罠で、あなたにコンプレックスの網をかけようとしているのだから。

とはいえ、エゴはパワフルで、説得力ありますから、

「そんなこと言ったって、状況を知らないでしょ?こんなことも、あんなことも言っちゃったし、しちゃったし、言われちゃったし、されちゃったし、、、」

とお友達の援護射撃をモノともしないかもしれません。

そんなときは、あなたの味方になってくれそうな人を総動員します。

過去にあなたを助けてくれた人たちの顔を次から次へと思い出してみてください。

おばあちゃんやおじいちゃん、神さまたちも動員して。

そして、その人たちの愛の塊の中に、あなたのコンプレックスを入れて、溶かしてもらってください。

コンプレックスは、私たちが作り出したモノで、真実ではありません。

私たちが、誰かに愛されたくて、愛されるために「自分を嫌った」ときに使った言い訳です。

私たちが、誰かに愛されたくて、でも愛されたら、その愛を失うのが耐えられないと思って、愛されないように「自分を嫌った」言い訳です。

つまり「恐れ」の塊なんです。

なので、愛で溶けます。

また、むくむくと出てきたら、愛の中に放り込んでください。

何度でも。

応援しています。

これまでみずがきひろみの心理学サロンに寄せられたご意見やご感想へのお返事、参加してくださったプロカウンセラーのブログなどをまとめたfacebookページがあります。落ち込んだとき、誰かの励ましが欲しいとき、あのとき、どんな話だったかなぁと思い出したくなったら、訪れていただけると嬉しいです。バナーをクリックしていただけるとページに飛びます。

さて、次回は、罪悪感から、あなたの祈りを見ます。

私たちは、失敗してしまったこと、やりそびれてしまったこと、で延々と自分を責めますが、その下には、相手への深い祈りがあります。その祈りの方が、自己攻撃より大切なのではありませんか?

みずがきひろみの心理学サロン

第5章

罪悪感は蜜の味

〜どうして素直になれないのだろう?〜

日時:2021年2月7日(日)13:00~16:00

場所:ZOOM

参加料:11,000円

また、お互いの中にある美しさを見つけるために、お集まりいただけたら、嬉しいです。

第4章にいらしてくださった皆さま、ありがとうございました。

皆さまのお幸せを祈っています。

また、お会いしましょうね。

love and abundance,

みずがきひろみ

みずがきひろみの心理学サロンについて、詳しくはこちらのページをご覧くださいませ。シリーズですが、いつからでも、ご参加いただけます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみ みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる