【閑話休題】昨夜の『ニコ動』にいらしてくださった方、ありがとうございました!そして雑感。

こんにちは。みずがきひろみです。

昨夜のニコニコチャンネル「恋愛心理学アカデミー」にいらしてくださった皆さま、ありがとうございました!

途中から、みずがきの画像が凍る、という事態が頻発してお見苦しくなりましたこと、申し訳ございませんでした。

楽しみに、応援にいらしてくださった皆さまに、ご心配をおかけしちゃいましたね。ごめんなさい。

えええーー!!!せっかく皆さまにいらしていただいているのにって、もちろん、焦る、焦る。

お伝えしたいこと、たくさんあったのにー。言えたのか?私?

再配信の時は、きっと、画像がお見苦しくないように、事務所が加工してくれることと信じております。

で。

今日は、その後日談。雑感でございます。

いやはや。この「恋愛心理学アカデミー」への出演、私は、かなり楽しみにしていたのですよ。

1月中旬過ぎる頃から、インターネットへの接続が不安定だったため、いろいろと更新が必要かな、とPCやルーターやら機材を変え、配線も確認してもらい、「よし、これで大丈夫!」と思って臨んだLIVEだったので、「凍った」のは、正直、ショックでした。

「チキショー!なんでこうなるんだー!」

とぐるぐるし、

「やっぱり私は肝心なところでドジるじゃないか!」

と自分にケリを入れ、(←何をドジったかはよくわかっていないけれど、自分が悪いと思う!)

「せっかく師匠が私を紹介してくれようとしているのにー!」

と期待に応えられない自分を羽交い締めにするー。

そして、

「通信が乱れるのは、私のマインドに抵抗があるから!」(←大好きなスピリチュアルな考え方も、しっかりと罪悪感にハマるのに使う!)

と悶々してくる頃に、ダーリン登場。

「やめー。変な方向に行くの、やめよう」。

昨夜も、散々、惚気させていただきましたけれど、この人、私の機嫌の直し方をよくご存知なのです。

「クサクサするんだったら、豪華ランチにしよう!」

というわけで、本日のランチは、熟成の進んだオールドアムステルダムを使ったチーズのリゾットが出てきました。

私は、残念ながら、とても原始的な人間らしくて、生存のための基本的な3大欲求、「食べたい」、「眠りたい」、「Hしたい」に抵抗できないんです。もうちょっと高尚な人間に憧れて心理学とか学んでいるはいるのですが、、、。

ダーリンには、そのあたりのことはさすがにバレていて、私がクヨクヨし始めると、とっておきのレストランを予約してくれたりします。時節柄、今日は、手料理で頑張ってくれました。(←皆さま、自分の取扱説明書は、相手に渡しておきましょう。「私は、〇〇をしてもらえると喜ぶ!」はしっかりと伝えましょうね。)

スピリチュアルも、アカウンタビリティも、一旦、棚の上に置いて、

昼間っから、シャンパンまで開けてしまった、、、。(←まぁ、いいか。お休みだし。)

ニコ動の「恋愛心理学アカデミー」にいらしてくださった皆さま、これが「母親以外の女に3万円以上は使いたくない」発言の(マザコン)男性の16年後の姿、ですよー。

あの時、「そんなこと言ってちゃ、始まるものも始まらないじゃない!」と私は怒っていましたが、あれは、「お母さん以外の女性は大切にする価値がない」と言っていたのではなくて、「自分の愛をしっかりと受け止めてくれる女性と出会えていない」と嘆いていたようなのです。

お母さん思いの男性の「思い」が「あなた」に向けられたとき、それはそれは大切にしてくれる、のです。(←また惚気てみる。)

たくさんのご質問をいただきました。

今、「どうしたら彼に「結婚する」と決めさせることができるかしら?」と悩んでいらっしゃる方、

そして、

パートナーに怒り心頭に来ている方、

きっと、長い間、相手の思いを汲み取ろうと努力されてきているのだと思います。(←私がそうだったから。)

長い間、頑張っているのに、埒が明かない、空回りしてしまう。

私が、「一番欲しいもの」「一番欲しい一言」を受け取れたときというのは、

悲しいかな、いつだって、

私が、その「一番欲しいもの」「一番欲しい一言」を諦めて、

「もう、野となれ、山となれ!」

とちゃぶ台ひっくり返すつもりで、私が相手にとって「一番いい(はず)」と思うもの(心)を差し出したときでした。

昨日、お話した「あなたロマンスが欲しいの?やる気なくない?」も、

「この人とのご縁は無い」と諦めつつ、でも、私的には「良かれ」と思って本音を語ったエピソードでした。

相手から「こうしてもらおう」「こう言ってもらいたい」という願いを持つのはフツーですけれど、

それで相手をコントロールしたくなる気持ちを手放せたときの「真実」には、抵抗し難いものがあるのではないかしら。

私みたいに追い詰められなくても、もっと手前で、さりげなくそれができる人は、きっと、もっと楽に、素敵なパートナーシップを手に入れていらっしゃるのではないかと思うのです。

「ただ、あなたが好き!とにかく大好き!」。

そんなふうに一心に思えますように。

そんなあなたのピュアな思いが、あなたの大切な誰かに届きますように。

今日も幸せ。明日も幸せ。そんなずっと続く幸せを見つけられますように。

love and abundance,

みずがきひろみ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみ みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる