【心理学サロン】第6章・「もう二度と傷つきたくない!」ですか?/ゲストカウンセラーのご紹介(3)

締め切り間近です!

お申込み期限:本日3月6日(土) 15:00

お支払い期限:本日3月6日(土) 15:00

どうかお会いできますように。

「自分を知り、自分を好きになれれば、人生はもっと楽しい♪」をモットーに、10回シリーズでお届けする【みずがきひろみの心理学サロン】。(シリーズものではありますが、テーマごとに毎回完結しています。途中から、初参加の方も歓迎していますので、どうぞ興味のあるテーマからご参加くださいね。)

第6章は、『オープンハートで生きる〜もう一度夢を描くために〜』と題して、あなたが大事な夢を諦めてしまった「あの時」にもう一度戻って、砕け散ったハートの欠片たちを拾います。こんなに臆病になってしまったのは、こんなに投げやりになってしまったのは、こんなに無関心になってしまったのは、そして、こんなに羨んで僻んでばかりいるようになったのは、「あの時」に自分を諦めてしまったからではありませんか?

立ち止まっていないで、また歩き出しませんか?

あなたの背中を優しく、でも、力強く押したい。そんな第6章です。

みずがきひろみの心理学サロン

第6章

オープンハートで生きる

〜もう一度夢を描くために〜

日時:2021年3月7日(日)13:00~16:00

場所:ZOOM

参加料:11,000円

こんにちは。みずがきひろみです。

コロナ禍や足の怪我を言い訳に、まるまる1年サボっていた身体のメンテナンスを再開すべく、朝、ジムでストレッチの指導を受けてきました。

1年間、座るばかりだったので、筋肉はガタ落ちしているのですが、面白いもので、身体が正しいフォームを覚えていて、それを実現しようとします(できないけど)。

心もそうなんですよね。

どんなに傷ついて、拗ねて、ひねても、還るところを忘れたわけではなくて、理想や願いが無くなったわけでもありません。ただ、自分をあきらめてしまったから、立ち上がれなくなっているのです。

もう一度夢を見るのは恐いよ、ね。

でも、あなたしか「あなた」を救えないのです。応援させてくださいね。

目次

「もう二度と傷つきたくない!」は自分への怒り

心理学系のブログはたくさん読んだし。

(みんな、同じことを言うよね、、、。)

たくさん、怒ったし。

たくさん、泣いたし。

自分が変えようとしないかぎり変わらないのもわかるけれど、

「もう二度と傷つきたくない!」。

この傷つくことへの恐れが、再出発しようというときの鬼門になることが多いです。

誰だって傷つきたくなんかありません。

でも、「一寸先は闇」なんて言葉がありますけれど、次に何が起こるかがわかっている人なんかいません。

「一寸先は光」かもしれないのに。

私たちは、未知なものが恐いから、一寸先は全部、闇、になってしまいますね。

赤ちゃんが、知らない人に抱っこされるのがどれくらい恐いか、想像してみましょうか?

そう考えてみると、ニコニコして抱っこされている赤ちゃんが、いったいどれくらい世界を信頼しているかと思うと、ちょっと涙もの、です。

私たちは、そんな、世界への信頼感をすっかり無くしてしまっていますよね(笑)。

逆に、世界は、どう自分を傷つけるかを何度もシミュレーションして、人やモノ、状況を疑ってかかります。どれだけ疑うことにエネルギーを費やしていることか。

あれほど自分を身を委ねることなどできなくなっていますが、でも、私たち、あの心持ちにいたことがあるんです。

「もう二度と傷つきたくない!」と叫ぶとき、私たちは誰に向かってこれを言っているのでしょう。

天や世界への抗議でもありますが、

私には、昔、「傷ついた」自分を受け入れたくない、と怒っているように聞こえています。

「もう、あんな思いはしたくない」。

なぜ?

いえ、痛かったのはわかります。

でも、お産は、すごく痛いけれど、しばらくすると綺麗に忘れます。

どんなにお腹を痛めても、子供が育つ喜びの大きさが、産みの苦しみなどきれいさっぱり流してしまうのでしょう。自然のプログラムってすごい!

「もう二度と傷つきたくない!」と思う、ということはまだ痛みが過去になっていないのかもしれません。

痛みの記憶があるということは、その時に傷ついた自分がまだ許されていないのではないでしょうか。

失敗して傷ついた自分が、とても長い間、責め続けられているとしたら、もう二度とチャレンジなんかしたくなくなっちゃいますよね。

失敗は「終わり」ではありません。

失敗は「学び」にできたら、「はじまり」になります。

その失敗、もう許されていることに気づいてくださいね。

失敗は、学べば許される、こと。

失敗で、生まれ変われることがわかれば、また失敗しても生まれ変わればいい、のです。

大成功している人たちは、大失敗もあるものです。

「もう二度と傷つきたくない!」と思うと、残念ながら動けません。そんな保証は、たとえ動かなくても、どこにもないから、です。

でも、「もう一度傷ついてもいい!」と叫べたら、あなたは夢にまた一歩、近づけたはず。

一人では難しくても、仲間がいたら、その一歩、前に出せるかも。

その仲間になっていただけませんか?お待ちしています。

ゲストカウンセラーのご紹介(3)

松尾たかカウンセラー

寂しい時、さり気なく、「そこ」にいてくれる人。それがたかちゃんです。ひとりぼっちの孤独を誰よりも知る人だから、ただ「いる」ことのありがたみを知る人だから、い続けてくれます。心理学サロンを立ち上げた時からの強力なサポーターは、今回も「おかえりなさい」を言うためにいてくれます。

青井あずさカウンセラー

昨年12月にデビューしたあずささん。人が好きで、人を愛したくて仕方がないから、誰とでも体当たりで関わる、情熱の人。パートナーシップや家族との関係性で悩みながら超えてきた体験があるからこそ、きっとあなたの力強い味方になってくれますよ。

梅野愛美カウンセラー

昨年9月にデビューした愛美ちゃん。誰といても態度が変わらないフレンドリーな魅力の持ち主です。まさか親子関係でも、お友達関係でもつながりを感じられなくて寂しい思いをしてきたとは想像できないほどです。だからこその「話しやすさ」なのかもしれませんね。サロン初登場です。

高梨弥生カウンセラー

弥生さんは、とても真摯に向き合ってくれる人です。情感の豊かな、共感力に溢れたカウンセラーで、あなたが言えずにいた思いを掬い取って大切に見てくれます。対面で、会っていただきたい人です。

美吉風香カウンセラー

風香さんは、ファイターです。困難さんと真正面から取っ組み合う、情熱の人。だから、あなたのチャレンジを全力で応援したいのです。ハートフルに生きたいと思っているあなたの心の友になってくれますよ。

みずがきひろみ

お申込みフォームにはこちらのボタンからも飛べます!

みずがきひろみ

お会いできるのを楽しみにしております。

love and abundance,

みずがきひろみ

みずがきひろみの心理学サロンの詳しいご案内は、下のバナーをクリックしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみ みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる