【心理学サロン】3/7の「第6章・オープンハートで生きる」にいらしていただきありがとうございました。あなたがいるからもう一歩前に行きます!

みずがきひろみの心理学サロン第6章・オープンハートで生きる〜もう一度夢を描くために〜にいらしていただき、ありがとうございました。

もう、感動でした。

何に、って皆さまの意欲の高さに。

こんなに多くの方が、ハートブレイクを乗り越えて前に進もうとしていらっしゃる。もう、そのことだけで、私にとっても勇気100倍!という気持ちでした。

私たちが、心配性で臆病になって、夢を描いて自分の人生を楽しめなくなったのは、過去に愛を受け取ってもらえなかったときに自分をチッポケなものとして成敗してしまったから。

「もう、二度と傷つきたくない!」

と思うようになったら、人生がチッポケになっていったのです。

傷つきたくないという思いは、いつだって付き纏います。

だって、「できない」という過去の失敗感が追いかけてくるから。

そんな時、あなたはもう信頼できなくなっているけれど、そんなあなたを信頼してくれている人を思い出しませんか?

一緒に前に進む仲間と目と目を見合わせながら、一歩前に進みませんか?

自己愛が傷ついて、自分を許せなくなっている時は、

自分が自分を信頼できなくなっているのだから、そんな時でもあなたを愛してくれる他者の目と心を信頼しましょうよ。

「もう、二度と傷つきたくない!」を、

「もう一度、傷ついてもいい!」にするためには、

誰かの応援を受け取ること。

自分が応援して欲しい人に応援されていない悲しみがあるとしたら、

きっと、あなたを応援しているのに、あなたに受け取ってもらえなくて寂しい思いをしている人がいるはず。

そんな時は、あなたが応援する側に回ってみて。

今、「推し」が流行っている理由の一つはそこにあると思うのです。

応援することで、自分の中の「生きる」力とつながれるから。

応援することで、力が湧いてきたら、もう一度、あなたに向けられた応援を受け取り直してみませんか?

きっともっと、力が湧いてきますよ。

昨日の皆さまのチャレンジに、私もたくさん、力、をいただきました。

どうもありがとうございます。

あなたがいるから、私も、また一歩前に進めます。

お答えしきれなかったご質問については、参加者限定で見れるページをこのブログ内に作ることにしました。

準備ができ次第、また、こちらでお知らせしますね。

少しお待たせしますけれど、よろしくお願いします。

love and abundance,

みずがきひろみ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみ みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる