【オンライン講座】コミュニティ心理学のイロハ〜あなたが愛のリーダーになる日〜

こんにちは。みずがきひろみです。

3月12日(金)の神戸メンタルサービスのオンライン講座、心理学入門講座で「コミュニティ心理学のイロハ」と題して、「個人」ではなくて、「グループ」や「コミュニティ」をどう見て、どう関わるか、についてお話ししようと思います。

お申し込み締め切り:3月11日(木)15:00

お支払い締め切り:3月11日(木)15:00

オンライン講座

心理学入門講座

コミュニティ心理学のイロハ

〜あなたが愛のリーダーになる日〜

日時:2021年3月12日(金)19:00~20:50

場所:zoom会議室

料金:一般4,400円、会員3,300円

コミュニティ心理学というジャンルがあることをご存知でしょうか?

もともと心理学は、精神分析など、「個人」を対象に研究が進められましたが、1960年代半ばから、「個人」の問題ではなく、「家族」や、もっと広い「地域社会」の問題として考えましょうよ、という動きが出てきました。なので、心理学の中でも比較的新しいカテゴリーです。

コロナ禍で、密を避けるためになかなかリアルで集まれない状態が続いていますが、人は、「つながり」を求める動物なのですよね、snsを駆使したコミュニティ活動は、オンラインサロンの隆盛など、この1年で、ますます活発になっているように思います。

コミュニティ心理学は、精神疾患のある方や、虐待、DV、セクハラ、パワハラ、職業支援など、社会的弱者を、どう地域でシステム的にサポートできるか、という問題意識から発展しましたが、そこから出てきたさまざまな考え方は、家族やコミュニティなどのグループの心理的なダイナミクスを見るときに役に立ちます。

3月12日は、私たちが、家族やグループ、コミュニティと関わるとき、「グループ」をどう見て、どう関わったらいいの?という切り口で、お話ししたいと思います。

本当のリーダーは、「長官」ではなくて「次官」だ、と言います。

人を感動させ、影響力を持つのは、役職などのタイトルを持たずとも、その行動や「あり方」が、「マネをしたい」と人に思わせる人です。真のリーダーは、ファシリテーターだ、という所以です。

神戸メンタルサービスも、カウンセラー養成コースを持つスクールを核としたコミュニティと言えます。養成カリキュラムの主軸となるヒーリングワークは、グループのダイナミクスを使って心の癒しに取り組みます。グループにどう関わったらいいのか、考えるヒントにしていただけると嬉しいです。

一人一人が、それぞれのあり方で、愛のリーダーであるようなコミュニティが実現できると素敵だな、と思います。

お会いできると嬉しいです。

love and abundance,

みずがきひろみ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみのアバター みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる