Stay home。パートナーをウザいと思ったときにどうするか?

夜、お仕事を終えてから、ダーリンと二人でお散歩をしました。暗い夜に浮かび上がる白が幻想的です。

IMG_1967

こんにちは。
みずがきひろみです。 

物理的な距離があると、寂しくて会いたくて仕方がないのに、近くにいるとウザくて距離を取りたくなる、天邪鬼なココロの取り扱いに四苦八苦なんてこと、ありませんか?

私たちも、基本、大の仲良し夫婦なのですが、やっぱり1日中顔を付き合わせていると、いろいろあります。

それでも、二人とも仕事を終えてから、ソーシャルディスタンスを取りながら(なんでや?)、夜のお散歩に繰り出すのが、最近の楽しみです。

「ケンカするほど仲がいい」。

「夫婦喧嘩はイヌも食わない」。

などなど、昔からケンカを過度に心配しなくていいよ、という諺はたくさんありますが、それでも、お互いに無用に傷つけてストレスを増やしたくはありません。

自分も傷つくし、平和に過ごせるのが、そうは言ってもベスト。

そんな思いもあって、このところケンカと仲直りを題材にした記事を、あちこちで書いています。

まずは、メルマガ【すぐに役立つ心理学講座!】にUPした記事から2本をご紹介します。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」と言いますから。「いったい、アヤツは、どう思っているのだろう?」を相手のココロを知りたいと思う方にオススメの記事です。

「一言謝ってくれたらいいのに」って思うことってありますよね。

そして、比較的最近執筆した、『「ああでもない」「こうでもない」へ理屈の多い人の心理~「正しさ」の罠にハマらない~』。

どれも、とても多くの方に読んでいただいているようです。お役に立てたら嬉しいです。

これに限らず、カウンセリングサービスのカウンセラーが執筆している読み物をキュレーションした、カウンセリングサービスの読み物サイトは、読みごたえたっぷり。まだでしたら、ぜひ、覗いてみてくださいね。

さらに、アメブロ【恋愛テクニック】にも隔週で執筆していますが、こちらも、このテーマで何本か最近書いております。

まずは、『ケンカしない秘訣と仲直りの奥義』。

そして、やっぱり言葉は大事。シンプルを心がけて。『今求められるハートに届く言葉たち~シンプルコミュニケーションのススメ~』。

ケンカしないも大事ですけれど、やっぱり「仲直り力」が身を救う、と私は思います。

そんな「仲直り力」は、女性性の力です。

こんな時代、女性はもとより、男性も、女性性の力を見直して、争うのではなくて助け合える世界を創り出していきましょうね。

TUK_6874

あなたが、本来のあなたらしさを生きることで、人生を楽しめますように。

今日も、幸せ。明日も、幸せ。そんなずっと続く幸せを手にできますように。

love and abundance,
みずがきひろみ

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみ みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる