【閑話休題】長く愛したいと思うから、、、

こんにちは。みずがきひろみです。

今日のブログは、ただのモノローグですから、オチはありません。(←最初から断っておく。)

ただのタワシであります。

でも、棕櫚の、ねじりがあって、手のひらに収まるくらいのちょうどいいサイズの、とても使い勝手のいいタワシです。

しかも、お友達からのプレゼントで我が家にやってきた、かわいいヤツです。

もう、三年くらい、毎日使っているかしら。

10年くらい前に、棕櫚のタワシの優秀さを知ってから、我が家では、食器用洗剤をほぼほぼ使わなくなりました。

重曹とお酢とタワシ。

でも、さすがに三年も、毎日シャカシャカと汚れを落としていると、

棕櫚の枝も、最初は均一に詰まっていたのが、ヨレて束になってきて、

油汚れとかを軽く弾けなくなりました。

それでも、たいがいのものは弾き落としてくれるので、まだまだ現役ですが、

あの、「へー、シャカシャカするだけで油も落ちるんだ!」の感動を呼ぶパフォーマンスが、ね。

なので、今年から、もう一本、トールグラスの底もしっかり洗えちゃうニューフェースも迎え入れました。

ダーリンに、

「2本もシンクにあると邪魔だなぁ」

と言われながらも、「まだまだいけるよ」と、つい庇ってしまいます。

だって、「長く愛したい」から。

もしかしたら、私が、しがみつきが強いからなのかもしれません。

とは言っても、洋服などは、割とスッキリ手放せるんですけれどね。

「襟がもう時代に合ってないでしょ?」

と、ゴミ袋に入れる私を見ては、ダーリンが、

「あー!みずがき様に嫌われてしまったー!!!」

と揶揄うくらいに、潔い私もいるのです。

でも、本当は、捨てたくないくらい「大好き」になれるものが欲しいんですよね。

「長く愛したい」から。

離婚も、離職も、大騒ぎの末の手放しで、

セオリー通りに、手放したら、もっといいものがやってきました。

執着が強い、とか、

もっと軽やかに生きられたらいいのに、とか、

色々と思いましたけれど、

「長く愛したい」のに、それができないのがめちゃ悲しいんですよね。

「風の時代」は、もっと軽やかに、もっと自由に生きられるのだそうです。

流れにのって楽に生きられるといいなぁ。

何よりも、何が、どう変わっても、

どうせ出会うのなら、

「長く愛せる」ものと出会いたい。

それくらいに「大好き」なものと出会えますように。

love and abundance,

みずがきひろみ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみ みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる