【閑話休題】なんだぁ。「思い出し落ち込み」かぁ。

東京は、お花見シーズン真っ只中、です。

今週のはじめは、まだ5分咲きかと思ったのに。

3月23日の朝散歩の時の中目黒の桜並木

いやいや、来週の月曜日まで、お花が持つかしら?という勢いでした。絶好のお花見日和ということもあって、今朝は、私のお気に入りの「ちょっといいスタバ」は、整理券を発行するくらいの人混みで、よりつけませんでした。

3月27日の朝陽に輝く中目黒の桜

あらあら、もう葉っぱが出てる!

3月27日の朝の中目黒の桜並木

日本中が、ピンクに染まるこの季節、つくづく日本人でよかった、と毎年思います。それくらいに、好き。

桜の名所はたくさんあって、大ぶりでピンクの濃い河津桜も大好きですし、京都の枝垂れ桜も風情があって大好き。この中目黒の目黒川沿いの桜並木は、狭い川幅の両岸から、所狭しと、折り重なるように咲き乱れるのが美しくて、ご近所さんでもあることから、私の中の桜スポットナンバーワンです。

毎年、朝のお散歩、夜のお散歩と、この時季は、お花見に忙しい。幸せなことです。

3月27日朝の西郷山公園

中目黒は人がどんどん集まってきたので、人混みを避けて菅刈公園を抜け、西郷山を登ります。東京都心は、小さな山だらけで坂が多いのです。西郷山公園の中腹くらいから中目黒を見下ろすと、そこ、ここで花が折り重なります。都心でも、木の間を歩けるとほっとします。

例年、代官山で働いている人たちは、この西郷山公園でお花見をするのではないかしら?小さな山だけれど、少し高いところだからかしら、日当たりがいいところでも、5分咲きくらい?3分咲きってところかしら、という木も多くて、代官山の桜は、まだ来週も楽しめそう、です。

3月27日西郷山公園

桜も大好きなのですが、新緑もめちゃ好きで、この、キラキラした黄緑色に、私は、毎年、ものすごく元気づけられます。

ついつい木にカメラを向けるのですが、北海道育ちのダーリンにしてみると、ふつーの木は、あまりにも当たり前で、私が何に感激するのかよくわからないみたいです。曰く、「緑なんか、どこにでもあるのに。何が珍しいのだろう」。

たくさん「ある」ときって、そのありがたみがわからない、のですよね。誰しも、自分の持っているものは「当たり前」で、その素晴らしさには、なかなか気づけないものだから。

朝ごはんは、代官山TSUTAYA内のIVY PLACEにしよう、っと。

3月27日朝の代官山TSUTAYA

すこぶるいい気分でお散歩をして、落ち着いてパンケーキを食べながら、流れていく雲を見ていたら、心の中にももくもくと雲が現れて、あっという間に「落ち込み」モードに。

あー、だめ。(笑うところです。こんなに幸せでダメなわけがない。でも、このエアーポケット、私のブログを読まれる方は、ご存知の方も多いのではないかしら。)

「どうした?」とダーリン。そりゃそうだ。会話の途中で、急に私が黙り込んでしまったのですから。

「いや」とお茶を濁して、会話を先に進めようとします。だって、ダーリンのせいではないし、ただのエアーポケットだとわかっているのですから。

「あぁ。なんだぁ。思い出し落ち込みかぁ!」とダーリン。

「思い出し落ち込み?!」。

「そう。いろいろあるじゃん。思い出し笑いとか、思い出し怒りとか、、、」。

確かに。

「思い出し笑い」はよく言いますけれど、「思い出し怒り」も、「思い出し落ち込み」も、言われてみればありますねー。

「あなたは思い出し怒り、やっているわね」。

おつきあいが始まったばかりの頃は、「また怒らせた」と思って私も悩むことが多かったのですが、段々に、どうやらそういうことではないらしいことがわかってきて、「私のせいで怒っているの?」と確認すると、「ウルサイ、あっちへ行け!」と言われるので、なるほど、感情の消化中なのね、と理解するようになったのでした。

どうやら、ダーリンも、そんな確認の手続きをとってくれるようになったのね。

「そういう時は、『あなたのせいで落ち込んでいるわけではない』と言ってもらえると、心配しなくて済むからさー」だって。

そうですよね。

それにしても、「思い出し落ち込み」とは。

やられたなー。

おかげさまで、「今」「ここ」に戻ってこれました。

今日も幸せ。明日も幸せ。そんなずっと続く幸せを見つけられますように。

love and abundance,

みずがきひろみ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみのアバター みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる