軽やかに再出発をするためにハートを取り戻す

5月スタートのパーソナルセッションは、おかげさまで満席となりました。(5/8)

目次

豊かな人生は「失敗」のない人生ではない

去年、映画「The MatrixResurrections」を見るにあたって、ごたぶんにもれず、予習のつもりで、過去作や、解説動画をいっぱい観ました。

その中で、2作目だったかしら、

「(人類に体験させるものとして)最初は、天国のような完全に平和で幸せな世界を用意したけれど、人々は喜ばなかった」

と登場人物に言わせていて、

思わず、笑った。

どうしてかしら、ね。

「仲良くしたい」と思いながら、相手を苛立たせるようなことをしてしまう。

「ケンカしたくない」と言いながら、ケンカをふっかける。

「成功したい」と願いながら、自分からわざわざドブ板の上を歩いて踏み外す。

もっと簡単に、スムーズに、思いを叶えてもよさそうなのに、

石橋を叩きすぎて、壊してしまうようなこと、やりません?

私は、たくさん、たくさん、やってきました。

何も問題が起きていないのに、

誰かのちょっとした言葉や態度に不安になって、

過剰反応しては、自分でチャンスをふいにしたり。

もったいないこと、いっぱいやりました。

そして、実力がない、メンタルが弱い、運がない、

と自分を責める、というお気に入りのパターンにハマります。(笑)

ハタから見れば、

「もういいじゃん、天国で遊んどれ!」

って感じでしょうか。

もちろん、事故や天災など、

自分の力では到底及ばない出来事に翻弄されることはあります。

宿命としか言いようのない苦境の中から

立ち上がらなければならない人生もあります。

でもね。

よく見ると、

自分で作り出しているドラマも多い

です。

もしかしたら、

そちらの方が多いかも、と気づけたらチャンスです。

小さなドラマの積み重ねが人生の多くの時間を作っているとしたら、

それは、変えることができるもの、だからです。

そもそも、私たちが小さなドラマを作るのも、

私たちが「体験」したがっていることがあるから。

人生の豊かさは、どう「体験」するか、

にかかっていると思うのです。

豊かさは、お金があるから、モノがあるからではなくて、

何を、どう「体験」するかだとしたら、

「心」が決めるもの、のはずです。

「失敗」も、「成功」も、

それをどう受け止めるかで、

どんな「体験」になるかが変わります。

「失敗」がたくさんあっても、

豊かな人生を生きることはできます。

恐がらなくても大丈夫です。

学びたいこと、学びたくないこと

「失敗」しないことよりも大事なことは、

転んでも、起き上がって、また歩き出すこと。

言うほど簡単ではありません。

子供の頃は、転んで擦りむいても、

すぐに傷は癒えたかもしれません。

でも、何度も転ぶと、

痛みを覚えていますから、ね。

また、ああなったらイヤだって思うのが普通。

なので、どうしたらまた「転ばないか」を考えます。

学んだのは、「痛み」と痛みを「回避する術」ではありませんか?

でも、その「回避する術」が、

あなたを消極的にするだけのものだったとしたら?

あなたの豊かな発想を制限するだけだったとしたら?

そして、学んだことに忠実に、ちっちゃこく生きているとしたら?

学んだことで、「痛み」を本当に「回避」できましたか?

別の「痛み」を作り出すだけ、だったりしていませんか?

もちろん、「教訓」は大事です。

同じ失敗をそう何度も繰り返したくないですから。

でも、もしかしたら、

「立ち直りかた」を学ぶことの方が

大切なのかもしれないです。

七転び八起き。

そのたびに、増える「体験」。

その「体験」をどういうものにするか、

どんな「体験」として受け止めるかによって、

傷だらけの人生になるか、

豊かな人生になるかが決まるのかもしれません。

ならば、

「痛み」は学びたくないな、できれば。

「体験」からの贈り物は受け取りたいから、

その贈り物の見つけかたは、学びたいです。

軽やかに再出発をするために

思い通りにいかないことって結構あります。

仕方ないね、と簡単に手放せることもあれば、

いつまでも、ウジウジしちゃうこともあります。

こだわりのあるところは、

「執着」と言いますが、

何か、私たちが、自分の中にはないから、

なんとしても手に入れなくっちゃ、

と肩に力こぶが入ってしまった

「もの」、「こと」、「人」がいます。

残念ですが、執着があると

うまくいかないものです。

うまくいかない、つまりハートブレイクに終わる

この砕けたハートのかけらたちを、拾い集めて、

また歩き出すのですけれど。

それが、再出発

このときに一番受け取りたい贈り物。

それは、昔、昔に、

あなたが「痛み」とともに、

「痛み」を「回避」するために、

閉じ込めた、もしくは、投げ捨てた

「あなたのかけら」

ハートブレイクは、

あなたがちっちゃこく生きることではなくて、

ちっちゃこく生きているあなたを自由にするためにあるとしたら?

私も、再出発の春を迎えていますが、

私のまわりには、

再出発をしようとしている人、

再出発をした人がたくさんおられます。

どうか、あなたが、「あなたのかけら」を取り戻して、

ひとまわりも、ふたまわりも大きく、

あなたの元のサイズに近づいたあなたで、

軽やかに踏み出せますように。

love and abundance

みずがきひろみ

軽やかに再出発したいと思っている〈あなた〉のハートを応援する1DAYセミナーがあります。バナーをクリックしていただくと特設ページにとびます。

人生を楽しむ「達人」の仲間入り。はじめの一歩は【みずがきひろみメールマガジン〜life in abundance〜】のメルマガ会員登録から。もちろん無料です。メルマガは毎週金曜日に届きます。

メールマガジンのご案内

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

みずがきひろみのアバター みずがきひろみ 心理カウンセラー

外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。14年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施。グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる