母の日によせて〜あなたのルーツを愛しむ〜

現在、パーソナルセッションは満席です。いつもありがとうございます。(9/28)

こんにちは。みずがきひろみです。

今日は、母の日ですね。

朝、駅前のスーパーにパンを買いに行ったら、花屋さんの臨時スタンドがあって、たくさんのカーネーションが売られていました。花屋さんの前では、寄せ植えやフラワーバスケットを買い求める人が並んでいて、これからお母さんに会いに行かれるのかしら?幸せなお母さまだわ、なんて思いました。

お母さんは、臍で文字どおりにつながっていた人。

一心同体だったことがある人だからこそ、自分のことを愛してくれる、理解してくれる人だと期待します。

期待した分だけ、がっかりもします。甘えがある分だけ、その怒りをぶつけたくなりますし、相手の気持ちをおもんばかるばかりに遠慮してしまうこともあるでしょう。

お母さんに文句があるならば、理想のお母さんが欲しい、って思ったということ。

誰にとっても、「お母さん」は自分のルーツですから。ルーツは「理想」的なくらい「いい」にこしたことはないです。

でも、もし、本当に非の打ちどころがないほど「理想」だとしたら、今度は、「自分」の落ち度ばかりが気になってしまうのではないかしら?

「お母さん」に比べて、私って、僕って、こんなだけどいいかな?、なんて思わないかしら。

もし、あなたのお母さんが、「ほどほど」のお母さんだとしたら、きっと一番幸せかも。いい「お母さん」だし、「愛しやすい」くらいに抜けていたら、安心できるし、あなたがお母さんを助ける出番も回ってきます。毒母や「できすぎ」お母さんを愛するのは、ちょっと難易度が上がるかもしれませんね。でも、それだけのチャレンジを、この人生ですると決めてきたのかもしれません。

「お母さん」は、あなたのルーツ。あなたが、あなたのルーツとして、彼女を選んだことを受け入れてみませんか?

そのことにアカウンタビリティをもつと、自分の人生を切り開く力が、内側から湧いてきますから。

お母さんを許せる日も、うんざりする日も、輝かしく思う日もあるかもしれませんが、今日は、ひとりの女性として愛しめるとことを祈ります。

お母さんに感謝する日は、あなたの命を愛しむ日であることは間違いないからです。

昨日の母の日イブに、母との関係をテーマに、

野津美絵(ちゃーみー)さんと安藤由紀さんのお二人とライブトークをしました。

野津美絵(ちゃーみー)さんは、リザーブストックというメルマガの発行や顧客管理ができるシステムのオフィシャルトレーナーで、起業家の「こんなことできないかなぁ?」を実現する方法を見つけるプロデューサーマインド溢れる人です。

昨日のトークライブでは、「お母さん」がいないところで祖父母に溺愛された幼少期から、実の「できすぎ」お母さんに引き取られて、一転、「自分はできない」と思い悩んでいたところから、お母さんを理解することでコンプレックスを乗り越えてきた話をしてくださいました。

安藤由紀さんは、心理カウンセラーで、女性と子供の人権を守るための予防に力を注ぐ活動家でもあり、絵本作家でもあります。

昨日のトークライブでは、ご自身が、さまざまな虐待を経験してきたこと、実家を離れ、上京してきたと思ったら鬱病に苦しみ、セミナーを受けまくり心の痛みを癒してきたことを分かち合ってくださいました。癒しは「自分」がするもので、自分の感情と向き合うことで、「痛み」を感じながらも、自分が母を愛おしいと思っていたことに気づけたと話してくださいました。

私は、「お母さん」との葛藤は、誰にもあるものだと思っています。

毒親であろうがなかろうが、母親を受け入れることは、

男性にとっても、女性にとっても、自分を生み出した「母性」という大きなパワーを認め、受け入れることなので、ものすごく怖いのだと思います。

『エイリアン』も『マトリックス』も、「母性」という魔物にも見える大きな母性というセクシャルエネルギーへの畏れが下敷きになっていて、だからこそ、その「母性」と対決して心の臍を切らないと自由を手にできないというストーリー展開に説得力があるのだと考えています。

それほどに「お母さん」はあなたの人生における大小の「選択」に影響を及ぼすし、それゆえの葛藤なのだと思います。

簡単に「許した」とは言えないかもしれませんし、何度も、葛藤は上がってくるかもしれませんが、あなたの人生を愛しむためにも、母なるものに愛を送ってみようと思えるよう祈っています。

ライブトークのアーカイブです。よろしければ、ご覧くださいね。90分です。

◎YouTube https://youtu.be/ufZzYx6cRAk

◎Facebookページ https://www.facebook.com/group3F/videos/1051108402468606

* グループエフ(free、friendship、femininity) というチャンネルを作りました。

幸せな日でありますように。

love and abundance

みずがきひろみ

人生を楽しむ「達人」の仲間入り。はじめの一歩は【みずがきひろみメールマガジン〜life in abundance〜】のメルマガ会員登録から。もちろん無料です。メルマガは毎週金曜日に届きます。

メールマガジンのご案内

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

みずがきひろみのアバター みずがきひろみ 心理カウンセラー

外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。14年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施。グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる