「リハビリ男」からの贈り物

6月スタートのパーソナルセッションは、おかげさまで満席となりました。(6/8)

「リハビリ男」は、「もう恋なんて」と閉じていたあなたのハートをこじあけて、「恋するハート」を取り戻してくれる恋のリハビリ請負人だけれど、結果としてパートナー未満だった男、のことです。

こんにちは。みずがきひろみです。

今日も、このブログに訪れてくださってありがとうございます。

目次

なぜ、こんな人に引っかかっちゃったかなぁ、と思うとき

「リハビリ男」は、「もう恋なんて」と閉じていたあなたのハートをこじあけて、「恋するハート」を取り戻してくれる恋のリハビリ請負人だけれど、結果としてパートナー未満だった男、のことです。

しっかりガードして、心の扉を閉じていたはずだったのにねー。何を間違って、開けちゃったかなぁ。

恋がうまくいかなかった時って、そう思いますよね。

「リハビリ男」は、ふてくされてひきこもっているハートをときめかせるくらい魅力的な人だから、何年も恋なんて忘れていたあなたにとって、久々のパワーのある恋だったりしたでしょう?

でもね、なんか肝心なところで「逃げられる」感じがありませんでしたか?

思うに、ひきこもっているハートの気持ちがわかる、ってことは、同じくらいアヤツのハートもどこかパートナーシップを怖れているってことなのかもしれません。だからこそ、親密感が怖い、病み上がりのハートも、このオトコにはノコノコとついていってしまうのかも。

無事、ハートが快復したら、「リハビリ男」の方が、実は、パートナーシップに対して斜に構えているヤツだった、ということが判明する、というのがこの恋愛の痛いところかなぁ。

目が醒めてみると、「え?そうだったの?」という事実がボロボロ出てくる、、、。

いや、失敗したなー、って思いますよ、正直。

なぜ、心を許したかなぁ。

危ない、って思ったでしょう?

そ。本当は、あなたも知っていたんですよ。

There was a writing on the wall. なんて英語では言います。「壁に書いてあったでしょ?」って。

それでも、その関係性の中に歩いて入って行ったのは、あなたにも目論見があったから。

いえ、何か打算的だった、と言いたいのではありません。

心の奥底まで降りていくと、一見、打算的に見えることも、大きな愛に包まれているものです。

長年、自分で開けたくても開けられなかった心の扉を開きたかったの。

そもそも、その心の扉、どうして閉めてしまったんでしたっけ?

どうしても添い遂げたかった人と添い遂げられなかった?

助けたかった人を助けられなかった?

愛したかった人を上手に愛せなかった?

あなたが心の扉にかんぬきをかけたのは、そんな自分への罰だったはず。

その罪悪感を帳消しにするほどのロマンスが必要だったでしょう?

そのかんぬきを外す勇気は、かんぬきをかけた時のハートブレイクを受け入れることだ、ってどこかでわかっていたでしょう?

あなたの、その「リハビリ男」との恋は、

報われなかった昔の悲恋を、

助けられなかったと責め続けた自分を、

愛せなかったと断罪し続けた自分を、

許すためだったのではないかしら?

もう一度、かんぬきを外すために、

もう一度、ハートを取り戻すために、

もし、あなたが、このハートブレイクをあえて選んだ、としたら?

自分の中の「愛」とつながる

「リハビリ男」との恋は痛い。

でもね、振り返ってみると、やっぱりその出会いには感謝の気持ちしかないです、私は。

他人からヤツの結婚の話を聞かされても。

自分が困ったときだけ頼ってくるんだ、と気づいても。

何度泣かされ、しょうがないなぁとため息をつきながら、

愛って何だ?

真心って何だ?

って思いながら生きた、あの時間があったから、

今、私は、誰かといっしょに歩いているのだとも思うのです。

私の「リハビリ男」は、私の幸せを心底祝ってくれました。

それは、それで、ちょっぴり悔しい体験ではありました、ね。

「オマエに言われたくなーい!」と心の中で吐く私もいました。(笑)

それでも、お互いの人生にパートナーシップはなかったけれど、パートナーシップを手放したところで深い絆ができました。

そして、そこには誇りを持てました。

本気で愛してみなければ、「リハビリ」か「ホンモノ」かはわかりません。

でも、本気で愛してみたら、「リハビリ」の恋も、自己愛という名の大きな贈り物があります。

love and abundance,

みずがきひろみ

人生を楽しむ「達人」の仲間入り。はじめの一歩は【みずがきひろみメールマガジン〜life in abundance〜】のメルマガ会員登録から。もちろん無料です。メルマガは毎週金曜日に届きます。

メールマガジンのご案内

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

みずがきひろみのアバター みずがきひろみ 心理カウンセラー

外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。14年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施。グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる