【恋愛テクニック】迷ったときは選ばない~三角関係の鉄則~

恋テク

こんにちは。
みずがきひろみです。

隔週でアメブロの【恋愛テクニック】に記事をUPしています。「テクニック」という以上、本当は、簡単な「コツ」を書けばいいのだろうと思うのですが、ついつい「心理」を掘り下げてしまいます(笑)。

今日も、めっちゃ掘り下げちゃいましたー。

なので、理屈がわからない方は、あまり心配せずに [考え方] に、その1、その2、その3 と、ポイントをまとめましたので、まずは、そちらを肝に命じて下さいませ。ここで書いたことは、私の人生に、とても役に立ってくれた法則ばかり、です。

三角関係には、「ちょっと気になる」から、「ドロドロの人生劇場」まであります。

「ちょっと気になる」は、おそらく誰でも、2度、3度経験されているのではないでしょうか。

純粋で、ロマンスが大好きな、一途な方は、そんな「よそ見もどき」も許せなくて、「一人の人を愛し抜くことは自分にはできないのではないかしら」と悩まれます。それくらいご自分がピュアでありたいのですよね。

パートナーがいらっしゃるのに、他の人のことが気になっちゃうときというのは、多くの場合、パートナーと違うタイプの方に惹かれていらっしゃいます。

これは、二つの違う「いいもの」を全部自分が手に入れることはできない、という、心の深いところにある思い込みが、現実化したものなのです。

りんごもバナナも欲しいけれど、一つしかダメ、ってお母さんがいうから、どっちかを選ばなければいけないんだ、という葛藤ですね。

りんごもバナナも入ったフルーツバスケットを、自分がもらえるとは、思っていない、というのが、このココロの限界なわけです。

なので、りんごもバナナも入ったフルーツバスケットを受け取れる自分になる、が答えで、りんごかバナナかのどちらかを諦める、ではないのですが、私たちは、恋愛では、このりんごとバナナのどちらかを諦めなければならない、と悩みます。

フルーツバスケットを受け取れる自分になるというのは、残念ながら、奥様を何人も娶れるようになる、ということではなくて、一人の人の中に、フルーツバスケットを見ることのできる心眼を手に入れる、という意味なのですが。

「ちょっと気になる」人が現れたとき、これは、自分がランクアップするタイミングに来た、と受け止められると、人生が大きく展開します。びっくりするくらいに、です。

でも、そんな大きな「神さまからのご褒美」を受け取るためには、まず、[考え方・その1] でご紹介している、「迷ったときは選ばない」を実践してみて下さいね。

最初は、悶々とするかもしれませんけれど、罠に引っかからずにすむと、3年は早くホンモノのご褒美を受け取れます。

【恋愛テクニック】『パートナーとラブラブなのに他の人が気になるのはどうして?』は、こちらからご覧くださいませ。↓↓↓

love and abundance,
みずがきひろみ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みずがきひろみ みずがきひろみ 心理カウンセラー

カウンセリングサービス所属心理カウンセラー/神戸メンタルサービス講師・トレーナー。外資系投資会社で20余年株のアナリストとして活躍。自身の離婚問題をきっかけに心理学を学び始め、2008年からカウンセラーとして活動する。13年で8,000件以上の個人カウンセリングを実施、グループカウンセリングや大人数の癒しのワークショップも多数開催している。著書に『母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法』(河出書房新社)がある。

目次
閉じる